思い出をとりもどせ!故障したLinkStationからのデータ救出

公開日: : 最終更新日:2014/11/24 PC周辺器機

思い出をとりもどせ!故障したLinkStationからのデータ救出
photo credit: martinak15 via photo pin cc

あっという間の夏休み、有江慶彰です。

7月の中旬、約1ヶ月前のことになりますが、妻との思い出や双子の育児記録の写真を保存していたネットワークストレージサーバーのLinkStation(LS-WSX1.0TL/R1)が、突然故障。大切なデータが全て見えなくなっていまいました。

原因は、熱か、ホコリか、それとも、双子怪獣か…

修理を依頼すると、全データ消去!

というわけで、故障に気付いてからすぐに、Baffaloのサポートセンターに電話。

教えてもらったことを色々試してみましたが、結局、「修理センターに送るしかない」という結論をいただく。

さっそく梱包を済ませて、いざ、「修理依頼票」をブラウザから印刷しようと思って、注意事項をよく読んでみると、

Sign

えーーーーーー!!

ひどくないですか?

個人的には、大切なデータが消えてしまうなら、修理する意味がない。

というわけで、修理センターに送るのは中止して、データ復旧サービスについて調査。

しかし、その費用は、なんと数万円〜数十万円…

高っ!

オペ、開始

で、

約1ヶ月放置していたわけですが、これはもう、

夏休みの間に、自分でやるしかないでしょ。

そう決意した私は、おもむろに、オペを開始。

(この先、参考にされる方は自己責任でお願いします)

IMG 4803

オイシックスのエアーキャップで包み込んだ、美味しそうなLinkStation。

せっかく梱包したのに、また開けます。

IMG 4806

こやつが「LinkStation(LS-WSX1.0TL/R1)」です。

ちっさいけど、RAID対応のNAS(500GB)。

HDDが2台同時に壊れちゃRAIDの意味がありませんが…

さて、

どこから開けたらよいのやら…

背面や底を見ても、ネジもなにもない。

つるっつる。

IMG 4809

えいっ

IMG 4810

えいっ

ぐりぐりぐりぐりぐりぐりぐりぐりぐりぐり

IMG 4811

クパァ

ぐりぐりぐりぐりやったので、ギザギザになってしまいましたが、

外側にはもう用はない。

目的は「中身」

家族との思い出。

IMG 4812

オープン。

IMG 4814

簡単に持ち上がる。

IMG 4815

出ました。

IMG 4817

ここまでの間にネジなどの留め具は一切なし。

両サイドの金具もパタリと簡単に外れます。

HDDは矢印の方向にスライド。

IMG 4818

裏面にもHDDがもう一個。同じようにスライド。

IMG 4819

無事に取り出せました。

IMG 4808

PCとHDDの接続といえばコレ!GREEN HOUSE SATA/IDE-USB2.0変換アダプタですよね。

IMG 4823

お助けマシーンは、クローゼットで眠っていた黒光りの「FMV-BIBLO LOOX T70G」

CDドライブも内蔵、ここぞ出番、という感じ。

こういう時は、便利なフリーソフトが充実しているWindowsが頼りになる。

IMG 4825

夏休みのこんなにいい天気の日に、PC2台ならべて格闘することになるとは。

トホホ…

しかし、今回のプロジェクトは、

「家族との大切な思い出をとりもどす」という大事なミッション。

父親として、最後までやり遂げねば!

Macでググって、Winで試す。の繰り返し

さて、私がお世話になったページを紹介しつつ、以下、試した内容を時系列にまとめておきます。同じような状況で困られている方の参考になれば幸いです。

1. LinkStationからデータを取り出す方法2

最初にお世話になったブログ。書いてある通りに進めてみると、

Ext2Fsdの「Change Drive Letter」で「Add」を押した後「UUID is 0」と警告される。
OKを押すと、ドライブは割り当てられた。
しかし、エクスプローラーで開こうとすると「今すぐフォーマットしますか?」と出る。
よく見ると、Ext2Fsd の Flie system のところに「RAW」と表示されている。

これは重傷だ…

2. NAS をExt2Fsdで復旧しようとしたがデバイスが「RAW」と表示され・・・

次にお世話になったブログ。記事のタイトルそのまんまの状況。
しかし、我が家のLOOX T70Gではスペックが低くて、
「VMware Player」をインストールしようとすると、
「必要な機能がこの CPU には装備されていません」と出た。

苦しい闘いになってきた…

3. KNOPPIX クノーピクスでデータ救出

やはり、これしかないかと、近所のコンビニに走りCD-Rを購入。
KNOPPIX 6.7 のCDを作成してLOOXから無事に起動。念のためUSB版も作成。
しかし、KNOPPIXのファイルマネージャーに、HDD変換アダプタのUSBが認識されず。

折れるな、俺の心…

4. 《無料で復旧》HDDが認識しない、RAWと認識されるのを直す方法!

次はこちらを参考に、フリーウェアのTestDiskを試す。
「7.スキャンが終り、緑色でHDD内容の文字が表示されていれば問題ありません。」
のところで、緑色でHDD内容の文字が表示されない。
Deep Search(465GBで約3時間かかる)もやってみたが、結果は同じ。

しかし、ここは粘り強く、もう一度Deep Search!
(何度もやってみた方が良いとページの下の方に書いてあった)
適当なタイミングでQUITしてみたら、なんと緑色の表示が出た!運がいい。
ページの内容通りにそのまま続行して完了。

この後、3で作ったKNOPPIXで、もう一度、ファイルマネージャーを覗いてみると、HDD変換アダプタのUSBを認識しました!!

思い出のファイルが詰まったフォルダが全て表示されています。

やったーーーーーー!!

さて、早速、外付けHDDに大切なデータを救出しよう!

と、喜んだのも束の間、外付けHDDにファイルが書き込めない…

で、Macに外付けHDDを接続して「情報を見る」の一番下に表示される「共有とアクセス権」で、evryone の権限を「読み出しのみ」から「読み/書き」に変更。

LOOXのKNOPPIXに外付けHDDを再度接続してみるが、やはり書き込めない。

再度Macに外付けHDDを接続、「情報を見る」でファイルフォーマット調べると「Mac OS拡張(ジャーナリング)」だ。Macのディスクユーティリティで、「MS-DOS(FAT)」を選択して、KNOPPIXからでも書き込めるFAT32でフォーマット。

もう一度KNOPPIXに接続すると、今度は書き込めた!!

というわけで、なんとか無事に、大切な思い出の写真を救出することが出来ました。

大切な写真

IMG 3466

午前10時

「今日の空を撮っておいて」

と、妻が言うので、窓から撮った曇り空。

IMG 3458

前日、限界まで頑張った妻。

IMG 3479

双子誕生。

写真を見ると、その時の感動が鮮明に蘇る。

これからも写真を大事にしよう。

まとめ

・RAIDを組んだNASでもHDDが2台同時に故障すると意味がない。そして、修理の依頼をすると全データを消去されてしまう。さらに、データ復旧サービスは高額。ゆえに、自分でやるしかない。

諦めない粘り強さと、日頃からのバックアップが、大事ですね。

ad

関連記事

10年モノのノートPCを復活!

 メイン機のMacBook Proを  持ち歩くのは重くてしんどいので、  移動用にMacBook

記事を読む

HDDの捨て方(前編)

 引っ越しの機会に、我が家に山ほどある古いHDDを一気に処分しようと思い、分解を始めました。

記事を読む

HDDの捨て方(後編)

 昨日の記事「HDDの捨て方(前編)」の続きです。  早朝にAmazonで注文すると、その日の

記事を読む

ad

ad

5才からはじめるプログラミング!iPadの無料アプリ「ScratchJr」を試す

プログラミングの勉強って、何才からできるの? ScratchJ

【転職します!】面白法人カヤックの経営理念と僕の志望動機

面白法人カヤックで働くことになりました! 来年の4月からですけど

想像を現実にする方法

 現実がイメージ通りになったら素晴らしいですよね。即時には難しいかも

41歳になりました。

 身長と精神年齢が中2で止まってるので実感が無いけども、本日41歳

夢を叶える生き方

 目標に向かって頑張る。  そのやり方しか無いと僕は思っていたの

→もっと見る

PAGE TOP ↑