自分の手で「欠けた食器」を修理する。〜その1. つくろい編〜

公開日: : 最終更新日:2014/11/24 金継ぎ

自分の手で「欠けた食器」を蘇らせる。〜その1. つくろい編〜

「わっ!」

 キッチンから、妻の短い悲鳴が聞こえました。

 買ってきたばかりのお茶碗を、床に落としてしまったのです。

 梱包を開封してみると、残念ながら、やっぱり、欠けていました。

誰でもできる食器の修理法「金継ぎ」とは

IMG 5018

 「金継ぎ一年生金継ぎ一年生」という本を読みました。

「金継ぎ」とは、割れたり欠けたりした陶磁器を漆(うるし)で接着して、継ぎ目に金や銀などの粉をまいて装飾する、日本独自の修理法です。

「欠け」や「ひび」は、食器としてはマイナスの部分。

 そのマイナスを、「装飾」という「プラス」に変換してしまう精神が、いいなぁと思って、早速、挑戦してみることにしました。

 本来は腕を磨いた職人に依頼するような技ですが、この書籍「金継ぎ一年生」は、現代人が誰でもできる「使える金継ぎ」がコンセプト。

「欠けた食器」を修理するのに必要な道具

 道具は、100円ショップや、ホームセンターなどで手に入る道具を積極的に使います。

「欠けた食器」を修理するのに必要な道具

 先週末、さっそく道具を揃えました。

 左から、筆、瞬間接着剤、うるし、エポキシ造形パテ、耐水紙やすり#1500。

 後から気付いたのですが、購入した「うるし」は、食器には使えないものでした。

IMG 5045

 高橋みどりさん著書「うちの器」で紹介されていた「ふぐ印の新うるし」をネットで注文して、現在、到着待ち。

実際に「欠けた食器」を修理してみる

食器の断片を接着剤でくっつける

食器の断片を接着剤でくっつける

 まずは、瞬間接着剤で、破片をくっつけます。

食器の断片を接着剤でくっつける

 ぴとっ。

隙間をパテで埋める

 続いて、隙間を、パテで埋めていきます。

TAMIYAのエポキシ造形パテ

 TAMIYAのエポキシ造形パテ。

 箱の中には、2枚のガムみたいな板が入っています。

箱の中には、2枚のガムみたいな板が

 使う分だけ、はさみでカット。

 2つを混ぜてコネコネすると、硬化がはじまります。

 かたくなるまでは、約12時間かかるので、ゆっくり作業できます。

隙間をパテで埋める

 ひとまず、こんな感じなりました。

パテを綺麗にのばす

パテを綺麗にのばす

 指に水を付けると、パテが指にくっつかず、綺麗にのびます。

 これで、パテが硬くなるまで、しばらくおきます。

 パテが硬くなった後は、カッターではみ出たパテを削り、紙やすりで表面をツルツルに仕上げ、いよいよ、うるし塗り。

「ふぐ印の新うるし」が届いたら、また続行して記事を書きます。

 完成が、楽しみ。

磨き、塗り、仕上げ

 この後、パテで埋めたところを紙やすりで磨いて、ふぐ印の新うるしを塗り、金粉で仕上げます。この続きは「自分の手で「欠けた食器」を修理する。〜その2. 塗り編〜」の記事で。

参考資料:

ad

関連記事

自分の手で「割れた食器」を修理する。その2. 塗り編

「自分の手で「割れた食器」を蘇らせる。その1. つくろい編」の記事の続きです。  今日は、パテ

記事を読む

自分の手で「割れた食器」を修理する。本格的な金継ぎに挑戦。

 日々、双子の相手でへとへとな妻。  昨夜、僕が帰宅すると、「悪い知らせ」があると言う。  

記事を読む

自分の手で「欠けた食器」を修理する。〜その2. 塗り編〜

誰でもできる食器の修理法「金継ぎ」とは  先々週の記事「自分の手で「欠けた食器」を蘇らせる

記事を読む

自分の手で「割れた食器」を修理する。その1. つくろい編

「自分の手で「割れた食器」を蘇らせる。本格的な金継ぎに挑戦。」の続きです。  今回は「欠け」で

記事を読む

ad

ad

5才からはじめるプログラミング!iPadの無料アプリ「ScratchJr」を試す

プログラミングの勉強って、何才からできるの? ScratchJ

【転職します!】面白法人カヤックの経営理念と僕の志望動機

面白法人カヤックで働くことになりました! 来年の4月からですけど

想像を現実にする方法

 現実がイメージ通りになったら素晴らしいですよね。即時には難しいかも

41歳になりました。

 身長と精神年齢が中2で止まってるので実感が無いけども、本日41歳

夢を叶える生き方

 目標に向かって頑張る。  そのやり方しか無いと僕は思っていたの

→もっと見る

PAGE TOP ↑