『わたしメッセージ』で、親と子の心地よい関係づくり。

公開日: : 最終更新日:2014/11/19 子育て

IMG 9543

『○○しなさい!』

 小さい頃、親からよく言われた覚えがあるし、

 親になってからは、ついつい口に出てしまうフレーズ。

 この一方的な言い方が、どうも、心地がよくなくて、

 ずっとよい方法を探していたのです。

自分が嫌になる

 子どもの欲求や価値観に、寄り添ってあげたいという気持ちは山々だけど、

『子供のために、親として、しっかりしなければ』という思いが強いと、

 ついつい、強い言葉が口走ってしまいます。

 言ってしまった後は、そんな自分が嫌になり、

 結局、双方にとって、よいことがない。

お決まりの12の型

 図書館で借りた本『親業』によると、

 親が子供に言うことは、大体、以下の12通りに当てはまるそうです。

 どれかに当てはまれば、正常な親。

 確かに、当てはまることばかり。

『ちゃんときれいに片付けなさい』(命令)

『ちゃんと磨かないと虫歯になるよ』(注意)

『こんなことは、するもんじゃない』(説教)

『こうした方がいいよ』(忠告)

『子供はみんな仲良くするんだよ』(講義)

『よくわかってないね』(批判)

『おまえはできる能力を持っている』(称賛)

『まだ○才だから、しょうがないね』(ばかにする)

『○○だから、泣いてるんでしょ』(分析)

『はい、もう大丈夫』(激励)

『なんでそんなに泣くの?』(質問)

『これはもう忘れなさい』(中止)

 結論から言うと、もっとよい言い方が、他にあります。

 え?これ以上何があるの?

 と、思いますよね。

とてもシンプルな方法

 上記の、いろんなフレーズに、一貫していることがあります。

 主語がすべて『あなた』(子供)なのです。

 あなたは○○しなさい。

 あなたは○○したほうがいい。

 あなたは○○するべきだ。

 すなわち、『わたし』(親)のメッセージが明確ではない。

 親からのメッセージを、ちゃんと伝える方法があります。

 やり方は、とてもシンプルで、

 主語を『わたし』にして、言い換えればいいのです。

昨晩の出来事

 昨晩、高いところに飾ってあるインテリア用のアンティークな動物のオモチャを、双子たちが指をさして、

『んっ!んっ!』(さわりたい)

 いつもは、

『ちゃんと「だいじ、だいじ」にしてね。はい、どうぞ』

 と、しっかりと伝えたつもりで、

 その後、落っことされたり、投げつけられたりして、

『大事にしろって言ったじゃん、もう貸さない!』

 というパターンなのですが、

 昨晩は、さっそく主語を『わたし』にしてみた。

わたしメッセージ

『パパは、このオモチャをすごく大事にしてるんだよ』

『ママと一緒に見つけた大事なオモチャなんだ』

『だから、少しだけ触ったら、すぐに返して欲しい。いいかな?』

 すると、2人とも、優しい手つきで、ちょとだけ触って、

 満足して、すぐに返してくれた。

伝え方

 子供の気持ちに寄り添ったり、尊重することは、とても大事だ。

 それは、よく分かっている。

 むずかしくて、忘れがちなのは、その『伝え方』だ。

 『あなたメッセージ』を『わたしメッセージ』に変換するだけで、

 こんなに心地のよいコミュニケーションがとれるのかと、

 昨晩は、少しビックリした。

 これは、子供相手だけではなく、大人同士でも、活用できそうだ。

 しばらくこの『わたしメッセージ』を続けてみよう。

ad

関連記事

子育ての『一貫性』を保つ3つのルール

 イヤイヤ期の息子たち。  なんでもやりたがるし、  頻繁に抱っこをせがんでくるし、  正直、し

記事を読む

『昭和初期の子供か』双子次男の笑顔。

 どうですか、この笑顔。 「昭和初期の子供か」と、思わず、つっこみましたけど、  親バカなが

記事を読む

パパと子供のためのパパチャリ、「パパクル」に一目惚れ。

 湘南のライフスタイルを提案するコンセプトショップ「フィーリングス」の、  パパと子供のための

記事を読む

親子で遊べる!おりがみの本

 外食中。  3才の息子たちがヒマにならないように  妻が買っておいてくれた  アンパンマンのおり

記事を読む

君の仕事

「ぱぱ、おかえり!」 「ただいま」  玄関の鍵をカチャリと開けると、3才4ヶ月の双子長男がタタタ

記事を読む

『自我と失敗』2才児の親が心を広くもつための2つの考え

 なんでも自分でやりたい2才児。  しかし、荷物を持てば引きずるし、  ズボンを履けば片方に両足が

記事を読む

『痛いの、飛んでった』を覚えた日。

 子どもは、よく転んで、よく泣きますね。  まずは、痛くて泣くんでしょうけど、  親がすぐに

記事を読む

『感覚でルールがわかる』2才双子と、はじめてのテーブルゲーム

 子供と一緒に大人も楽しめるアナログゲームを、  ずっと、探していたのです。  そして、とう

記事を読む

子どもが育つ魔法の言葉「子は親の鏡」

photo credit: Werner Kunz via photo pin cc 最近やっと

記事を読む

2才双子次男の激しい好き嫌い。長い目で「じっと待つこと」が、親の大事な仕事。

 毎朝、家族4人でテーブルを囲み、甘くて美味しいグリーンスムージーで乾杯するのが、我が家の日課で

記事を読む

ad

ad

鎌倉の眼鏡店 Optic Gallery K で、鯖江の職人技が光るメガネを購入

眼鏡人にとって、一番の悪は、「レンズの曇り」ですよね。 最近レン

5才からはじめるプログラミング!iPadの無料アプリ「ScratchJr」を試す

プログラミングの勉強って、何才からできるの? ScratchJ

【転職します!】面白法人カヤックの経営理念と僕の志望動機

面白法人カヤックで働くことになりました! 来年の4月からですけど

想像を現実にする方法

 現実がイメージ通りになったら素晴らしいですよね。即時には難しいかも

41歳になりました。

 身長と精神年齢が中2で止まってるので実感が無いけども、本日41歳

→もっと見る

PAGE TOP ↑