子どもの心が育つ魔法の家のつくりかた

公開日: : 最終更新日:2014/11/19 子育て


 家の中のレイアウトを再考するため、
 子どもの心が育つ魔法の家のつくりかた
 を読んだ。

 この本からもらったキーワードは、
 『怒りの種をなくすこと』

 ルールがあるから、
 それを破られたときに、
 怒りがわく。

 怒りをなくしたいなら、
 そのルールを、なくせばいい。

 キッチンには子どもにとって
 危険なものが多いから、
 カウンターに扉を付けて、
 入れないようにしていた。

 最近は知恵がついて、カギを開けて
 入ってきてしまうので、
『ここは危ないから入っちゃダメ!』
 と言って、しばらく攻防戦が
 続いていたんだけども、考えを改めた。

 危険を教えながら、
 キッチンに一緒に立つ。

 刃物、熱いもの、誤飲しそうな物は、
 手の届かないところに置く。

 妻が風呂に入っている間、
 僕が皿洗いをしていると、
 また双子がキッチンに入ってきた。

 いつもは、危ないからといって
 出てもらうんだけども、
 僕の両サイドに台を置いて、
 洗うところを見てもらうようにした。
 興味津々でシンクの中を覗き込む双子。

 まずはコンロのほうを指差して、
『こっちは熱いものがあるから、
 ぜったいに触らないで』
『はい』
『はい』

 皿を洗ってみせる。

『こうやってキレイキレイにしたら、
 また明日もご飯を食べられるんだよ』

『ぱんも?』
『パンも』

『ばななも?』
『バナナも』

『どうぶつくっきーも?』
『動物クッキーも』

 手を伸ばして泡に触ろうとしたり、
 両サイドからいろいろ邪魔がはいるけど
 一緒に立ってみるのも悪くない。

 最後に、洗い終わった息子たちの皿を、
 自分たちで拭いてもらったら、
 ふたりとも満足げだった。

 完全にガードすることは、
 ときに危険を教えるチャンスを逃す。

 暮らしの中で、危険を察知する力、
 注意深く取り組む力をつけるのも
 大事なしつけの一つ。

ad

関連記事

『自分でシャンプー』なでなでする2才双子。

 ゴシゴシ、というか、なでなで。  2才6ヶ月の息子たちが、自分でシャンプーをするようになりま

記事を読む

絵の具でお絵描き大会

 先週末。  蚊も減ってきたし涼しくなってきたので  我が家のこぢんまりとした庭に  キャンプ用の

記事を読む

電車とイエロー

「ほら、寒いから、早くお店の中に入って、暖まろう」  先日、新横浜で買った、Nゲージの「ドクタ

記事を読む

薬局の車

 長男と妻が歯医者に行ってる間、  たまには次男と2人で、  近所でストライダーにでも乗って  遊

記事を読む

ダメ禁止の日

「ダメ」といえば「ヤダ」と騒ぐ。  否定には否定が返ってくる。  ならば、すべて肯定すればいい

記事を読む

問題を根本から断つ

photo credit: zachstern via photo pin cc 双子怪獣の父、

記事を読む

子供を叱らずに言うことを聞いてもらう唯一の方法

photo credit: photo pin cc 自我が芽生えはじめた双子の父、有江慶彰です

記事を読む

『歯磨きキライ』の2才イヤイヤ期、僕の作戦が成功した日。

 ケタケタケタケタ!  寝る直前の双子たちは、なぜか、ハイ・テンション。 「よし、歯磨きを

記事を読む

2才双子の「不思議ワールド」に引きずり込まれる、食卓の風景。

 2才双子が、「あっちぃ」を、覚えた。  熱いものを触った時に、とっさに発する言葉だ。  最

記事を読む

「壊す」から「作る」へ

「あひるー!」 「くれーんしゃ!」 「かめらとってー!」 「とってー!」  このせまいとこ

記事を読む

ad

ad

鎌倉の眼鏡店 Optic Gallery K で、鯖江の職人技が光るメガネを購入

眼鏡人にとって、一番の悪は、「レンズの曇り」ですよね。 最近レン

5才からはじめるプログラミング!iPadの無料アプリ「ScratchJr」を試す

プログラミングの勉強って、何才からできるの? ScratchJ

【転職します!】面白法人カヤックの経営理念と僕の志望動機

面白法人カヤックで働くことになりました! 来年の4月からですけど

想像を現実にする方法

 現実がイメージ通りになったら素晴らしいですよね。即時には難しいかも

41歳になりました。

 身長と精神年齢が中2で止まってるので実感が無いけども、本日41歳

→もっと見る

PAGE TOP ↑