愛を伝え脳を鍛える『じゃれつき遊び』

公開日: : 最終更新日:2014/11/19 子育て


 最近、微妙な変化に気づいた。
 双子長男の指しゃぶりが増え、
 お気に入りの青いミニクッションを、
 以前よりも、離さない。

 オモチャを片付けないとクモがでるぞ〜
 とかいって、少しおどかしすぎた?
 と思っていたんだけど、
 理由は他にもありそうだ。
 

 脳をきたえる「じゃれつき遊び」
 普段は買わないテイストの本だけど、
 直感に従って買ってみたところ
 とても良い本でビックリした。

『子供の立場に立つ保育』を追求する
 さつき幼稚園で24年間続けている
 毎朝30分の『じゃれつき遊び』

 科学者の粘り強い調査と継続もあって、
 こどもに良い効果が多いことがわかった。
 前頭葉を鍛えることで、興奮と抑制を覚え、
 集中力のある子に育つ。

 抱っこ、スキンシップ、こちょこちょ。
 この原子的な遊びが、
 こどもの原子感覚を呼び覚まし、
 目をキラリと光らせるのだ。

 そして何よりも大事なことは、
 からだをたくさん使い
 接触を多くもつことで、
 大人からの愛情も伝わり、
 からだと心の両方が育つのだ。

 双子から同時に抱っこをせがまれ、
 それに応えると、かなり腰にくるので、
 ついオモチャなどでごまかしてしまう。
 イヤイヤ期同士は揉め事も多いので、
 DVDを観せておくことも少なくない。

 確かに、スキンシップが足りないかも。
 そう思って、昨夜、妻が風呂の間、
 本の中にあった、こちょこちょ遊び
『ロケット・ビュ〜ン』
 を試してみた。


 手をロケットにみたてて飛ばした後、
 くるくると指を回して、
 こどもの体のどこかに墜落し、
 そこをくすぐる。

 2人は、めっさ笑い転げて、
 もっともっとと要求した。

 なるほど。
 これはすごい食いつきだ。
 腰にも来ないし。

 親としては知育のオモチャなどに
 意識がいきがちだけど、
 昔からある原子的な遊びを
 こどもは求めているんだね。

 この本の終わりに、
『子供は愛情を強烈に求めている』と
 ありました。

 抱っこ、スキンシップ、こちょこちょ。
 しばらく多めに取り入れてみようと思う。

ad

関連記事

こどもの画力が伸びる!iPadの『なぞってまなぼう』

 もうすぐ3才の息子たちが夢中なiPadアプリ。 『なぞってまなぼう〜はじめてのおえかき〜』  レ

記事を読む

3才双子とドライヤー

 お風呂を出たらドライヤーの時間。  一人ずつだと必ず喧嘩になるから、  もう、いっぺんにやるこ

記事を読む

双子とお風呂

 最近は、3人で入ります。  その方が、2人とも、楽しそう。 大きい丸  キット

記事を読む

笑顔

 いつもアーティスティックな寝癖で笑わせてくれる長男は、コミュニケーション力が割と高いほうだと思う

記事を読む

『お箸でラーメン』2才双子と、のんびりランチ。

 お箸の使い方が上手になった2才6ヶ月の息子たちと、  休日に、家でのんびり、ラーメン・ランチ

記事を読む

ケタケタの時間

 ケタケタケタケタ!  笑い声のオモチャ。  あんな感じで双子が笑っている。  楽しそうだな

記事を読む

3才双子と焼きそば

 日曜の昼。  二卵性双生児の息子たちに、  焼きそばを振る舞う。  きゃしゃで野菜好き

記事を読む

no image

縦を横にする

 僕はあんまりイライラしないタイプだけど、育児のことでは、たまにイライラしてしまう。例えばこんな時

記事を読む

2才双子次男の激しい好き嫌い。朝のグリーンスムージーの時間、2週間ぶりに席に座る。

「2才双子次男の激しい好き嫌い。長い目で「じっと待つこと」が、親の大事な仕事。」の記事を書いてか

記事を読む

『自我と失敗』2才児の親が心を広くもつための2つの考え

 なんでも自分でやりたい2才児。  しかし、荷物を持てば引きずるし、  ズボンを履けば片方に両足が

記事を読む

ad

ad

鎌倉の眼鏡店 Optic Gallery K で、鯖江の職人技が光るメガネを購入

眼鏡人にとって、一番の悪は、「レンズの曇り」ですよね。 最近レン

5才からはじめるプログラミング!iPadの無料アプリ「ScratchJr」を試す

プログラミングの勉強って、何才からできるの? ScratchJ

【転職します!】面白法人カヤックの経営理念と僕の志望動機

面白法人カヤックで働くことになりました! 来年の4月からですけど

想像を現実にする方法

 現実がイメージ通りになったら素晴らしいですよね。即時には難しいかも

41歳になりました。

 身長と精神年齢が中2で止まってるので実感が無いけども、本日41歳

→もっと見る

PAGE TOP ↑