英語のCDを4週間聴き込んだ


「ITエンジニアのゼロから始める英語勉強法」という本を読んで「英語は絶対、勉強するな!」のCDを4週間とにかく聴きまくった。朝と夜の通勤時、洗い物をしている時、お風呂やトイレの中。

 ただ聴いてるだけだと、やっぱりぜんぜん脳に入ってこないというか、何も残らない感じがする。なので、本のアドバイス通り、なるべく歌を覚える時みたいに「音を覚えよう」という気持ちで聴いた。

 4週間たっても残念ながら何をしゃべっているのか英語の意味は理解できない。まぁ「音から覚える」というコンセプトだからそれは想定通りだ。

 で、どんな変化があったのかというと、音楽と同じで、サビの部分というか、特に感情のこもったフレーズや、面白いイントネーションのところが耳に残る。

 この「耳に残る」ってところが少しずつだけど増えている感じです。この後これが有効に働く気がするし、そうと信じて、引き続きCDを聴き込みます。今のところまだ楽しい。

2014-04-17 | Posted in 英語Comments Closed 

関連記事