『痛いの、飛んでった』を覚えた日。

公開日: : 最終更新日:2014/06/10 子育て

IMG 0283

 子どもは、よく転んで、よく泣きますね。

 まずは、痛くて泣くんでしょうけど、

 親がすぐに駆け付けてくれないと、

 そのことが嫌で、さらに泣きます。

 親が駆け付けても、対応がテキトーだと、

 そのことが嫌で、さらに泣きます。

 この悪循環にハマると長引くので、

 僕は、一発で済むように、

『本気』で対応することにしたのです。

『痛み』を共有する

『ウエーーーーーーーーーーーン!』

 双子次男が転んで、泣いた。

 こいつは、かんしゃく持ちなので、厄介だ。

 僕は、PCで作業していたことを即中断して、

 出来るだけすぐに駆け付ける。

 そのほうが、結果的に、時間を使わないで済む。

『大丈夫? 何処をぶつけたの?』

 まずやるべきことは、痛い箇所を確認することだ。

 よっぽどのギャン泣きじゃなければ、

 本当にぶつけたところじゃなくてもいい。

 子どもが自分で指をさしたところが、

 痛いところなのだ。

『よし、ここか。うん、ここが痛いんだね』

『ここをぶつけたら、絶対、痛いよ。ここだったらパパも痛いもん』

 ナデナデしながら『痛み』について、

 充分に『共有』できたことを伝える。

 

誠意を込めて、定番のアレをやる。

 次にやることは、定番のアレだ。

『よし、じゃあ、いくよ』

 痛い箇所を人差し指でさし、誠意を込めて、

『痛いの痛いのー…』

『飛んでけっ!』

 ふうーっと息を吹きかけ、

 痛い箇所をさしていた人差し指を、

 部屋の窓の外の方に、びゅうっと向けて、

 最後は、優しく、ささやく。

『飛んでった』

 双子次男は、窓の方を見て、

 泣き止み、にっこりと微笑む。

親がお手本

 僕や妻が、何度もやるのを見て、2人も覚えたみたいで、

 どちらかが転んで泣くと、

 もう一人が駆け付け、ナデナデして、

『ふうーっ』

『とってった』(やさしくささやく)

 こんなやりとりを見て、

 なんだか、微笑ましい気持ちになった。

 本当に、親のやることが、お手本なんだね。

 子供たちに、やってほしいことは、

 僕たちがお手本となって、示そう。

 子供たちに、なってほしい人に、

 僕たちが、なろう。

ad

関連記事

2才双子が『ミニカーの感動的な遊び方』を覚えた日。〜続編〜

 2才双子とミニカーで遊ぶ。  ちらかっていたレゴブロックを片付けて、ミニカーだけを並べる。

記事を読む

車掌が手を振ってくれた日。

 横浜駅で、ホームに入ってくるたくさんの電車に興奮する双子次男。  リアルな電車が大好きなのだ

記事を読む

3才双子の発想力

「でた」  タタタとお手洗いから駆け戻り、おしりをふいてと僕を呼ぶ。 「きりん、でた」 「長い

記事を読む

2才双子長男、「みのもんた」ばりのタメ。

「あぶないから、人にブロックを投げちゃ、ダメだよ」  僕にしかられてシュンとする、やんちゃな双

記事を読む

no image

影絵でおやすみ

 寝室のドアを開けたまま電気を消す。そうすると我が家の構造上、リビングからの光が壁に当たって、影絵

記事を読む

残した豆乳スープと格闘する子供を見て、感動した話。

 2才になった双子が、豆乳スープを残した。  近ごろ、好きなものから先に食べてしまい、順位が低

記事を読む

育児の息抜きに、平日の夜から妻と家飲み。子どもの成長が酒の肴。

 昨夜は、妻と家で飲みました。  子どもが生まれると、日々のやることが一気に増えて、妻とゆっく

記事を読む

2才双子の『限りなく嫌がらせに近い』トイレの遊び。

 トイレの中。  1人で便器に座っていると、  ドアのレバーがゆっくりと下がる。  少しび

記事を読む

シャボン玉をつかまえて食べるフリをする遊び。

『パパー!』 『パパー!』 『ふぅ』 『ふぅ』  両サイドから双子にせがまれ、  仕方なく、のそ

記事を読む

もうすぐクリスマス

 10月、3才になった双子。  クリスマスツリーの飾り付けや、  サンタの存在も、少しずつだけど

記事を読む

ad

ad

5才からはじめるプログラミング!iPadの無料アプリ「ScratchJr」を試す

プログラミングの勉強って、何才からできるの? ScratchJ

【転職します!】面白法人カヤックの経営理念と僕の志望動機

面白法人カヤックで働くことになりました! 来年の4月からですけど

想像を現実にする方法

 現実がイメージ通りになったら素晴らしいですよね。即時には難しいかも

41歳になりました。

 身長と精神年齢が中2で止まってるので実感が無いけども、本日41歳

夢を叶える生き方

 目標に向かって頑張る。  そのやり方しか無いと僕は思っていたの

→もっと見る

PAGE TOP ↑