正直に話せば『親の気持ち』は伝わる。

IMG 0392

『ウエーーーーーーーーーーン!』

 次男に付いている警報機(泣き声)が、リビングに鳴り響く。

 また、すばしっこい長男に、

 お気に入りの『ガーガ』(ショベルカーのミニカーを、こう呼んでいる)を、横取りされてしまったのだ。

 僕はキッチンカウンターの中で洗い物をしているので、

 いつもみたいに助けに入ることができない。

 長男には、『人のものを取っちゃダメ!』

 次男には、『取られないように気をつけて!』

 と、言いたいところだが、

 親は『愛情』を与えても、『考え』を与えてはならない。

 これを実践しはじめて、約1ヶ月が経つ。

 今なら、少し離れたキッチンカウンターの中からでも、

『親の気持ち』を、伝えることが出来るかもしれない。

 洗い物を中断して出ていっても良かったんだけど、

 僕は、そのまま、洗い物を続けた。

正直に話せば『親の気持ち』は伝わる。

『ハジくん、ハジくん』

 いつもより距離があるけど、

 キッチンカウンターの中から、長男の名前を呼ぶ。

 目をしっかり合わせて、伝える。

『横で楽しそうに遊んでいたら、欲しくなっちゃうよね』

 まずは気持ちが分かることを伝えるのが大事だ。

『ハジくんも知ってると思うんだけど『ガーガ』のことを、ワタ(次男)は、すごく気に入ってるみたいなんだ』

『うちには他にもたくさんかっこいいミニカーがあるから、『ガーガ』だけは、ワタに返してあげて欲しい。ごめん』

 それを泣きながら横で聞いていた次男、

 どこまで理解できたのかは正直わからないんだけど、

 泣き止んだ。

 長男は、上目遣いで僕を見て、

 ムスッとしていたけど、

 僕はじっと目を合わせ続けて、待った。

 しばらくして、長男は、

『アイッチ』と言って、

 背中の後ろに隠していた『ガーガ』を、

 自ら、次男に返した。

『ありがとう、ハジくん』

『パパ、いま、みんなが使ったお皿をキレイキレイに洗ってるから、これが終わったら、一緒にレゴブロックであそぼう』

『うえーい』(2人の歓声)

 約1ヶ月、コツコツと正直な気持ちを伝えてきたことで、

 2人の様子も、少しは変化が出てきたように見える。

 なんでも、すぐにうまくいくようなことはないけど、

 子供たちを信じて、これからも気持ちを伝えていこうと思う。

2013-05-20 | Posted in 子育てComments Closed 

関連記事