幸せな働き方を考える(その15:時代の流れに乗る)

公開日: : 最終更新日:2014/06/10 幸せな働き方を考える

幸せな働き方を考える(その15:時代の流れに乗る)
photo credit: Sunova Surfboards via photo pin cc

焼けると赤くなる、有江慶彰です。

さて、今回は、幸せな働き方を考えるシリーズ、第15回目。

「時代が改善したいコト」を、さらに深掘りします。

前回のあらすじ

前回は、これまでに採取した「時代が欲してるモノ」に対して、「何故?」を考え、その背景にある「時代が改善したいコト」を以下のように発掘しました。

  • プライベートよりも仕事に費やす時間が多い。
  • 仕事の内容に自由度が少ない。
  • 身の回りに人工的なものが増えた。自然なものに囲まれて本来の人間的な生活を取り戻したい。
  • 知識や情報ばかりが増える。実際の行動や成果につなげたい。
  • 消費することでは完全には癒されない。そもそも消費することをおさえたい。
  • リラックスできる環境が足りない。
  • 表面だけの人付き合いに疲れた。
  • 心の通った人間関係を築きたい。

ここで一度、考えを整理しておきます

「お金になること」の中にある「時代の流れにのっていること」

先週から(第11回以降)のテーマは、幸せな働き方のベースの図の右側の丸「お金になること」の中にある「時代の流れにのっていること」について考えてきました。

右下の図(お金になることの中身)は、「人がしあわせになること」と「時代の流れにのっていること」がかさなっています。つまり、「人がしあわせになること」だけを考えても、時代の流れと逆行していることは、お金に結びつきにくい、という考えです。

そして、現段階で自分が言いたいことは、「時代の流れにのっていること」というのは「時代が改善したいコトに貢献すること」である、ということです。それができれば必ずお金につながるはずです。

よって、考えなければいけないことは、

「時代が改善したいコトが改善された後の世界へ、世の中の人たちを導くには、どうしたらよいか?」

ということが、テーマになってきます。

なんだか、いろいろ書いているうちに、大それたテーマになってきましたが(汗)、もう、ここまで来たら引けないので、どんどん進めます!!

さらに、何故?を繰り返す

前回の記事「幸せな働き方を考える(その14:「何故?」を繰り返す)」のタイトルにある通り、改善したいコトを明確にするには、何故?を繰り返すことが有効です。

「時代が改善したいコトが改善された後の世界へ、世の中の人たちを導くには、どうしたらよいか?」を考えるには、実は、まだ、何故?の繰り返しが足りないのではないかと、気付いてしまったので、もう少し、何故?を繰り返してみます。

・「高級な車」 → 「自由な時間」

・プライベートよりも仕事に費やす時間が多い。
・仕事の内容に自由度が少ない。

 何故? → 誰かが決めた仕事をこなしている。

・「高級な住まい」 → 「自然を感じる住まい」

・身の回りに人工的なものが増えた。
・自然なものに囲まれて本来の人間的な生活を取り戻したい。

 何故? → 自然のままの自分でいられる環境が少ない。

・「高学歴の人物」 → 「創造的な人物」

・知識や情報ばかりが増える。
・実際の行動や成果につなげたい。

 何故? → 行動を起こすほどの「やる気」が出ない。

・「豪勢な旅行」 → 「癒しの旅行」

・消費することでは完全には癒されない。
・そもそも消費することをおさえたい。
・リラックスできる環境が足りない。

 何故? → ストレスがたまる環境が多い。

・「名声・知名度」 → 「愛情・尊敬」

・表面だけの人付き合いに疲れた。
・心の通った人間関係を築きたい。

 何故? → 表面的な繋がりが多い。

上記の「何故?」から出てきたことを以下にまとめます。

  • 誰かが決めた仕事をこなしている。
  • 自然のままの自分でいられる環境が少ない。
  • 行動を起こすほどの「やる気」が出ない。
  • ストレスがたまる環境が多い。
  • 表面的な繋がりが多い。

改善したいコトが、ぎゅっと濃くなりました。

よって、改善された後の世界へ導くために考えるべきことは、以下のことです。

  • 自分が決めてやれること
  • 自然のままの自分でいられること
  • 「やる気」が湧いてくること
  • ストレスがたまらないこと
  • 繋がりが表面的ではないこと

さて、どうしたら、上記を満たすことに貢献できるでしょうか?

いよいよ、核心に迫ってきました!

まとめ

・「時代の流れにのっていること」とは「時代が改善したいコトに貢献すること」である。

時代が改善したいコトに貢献できる人になれるように、日々、努力していきたいと思います。

さて、明日は、今回の記事で導き出した「改善された後の世界へ導くために考えるべきこと」を、どうすれば満たすことができるのか?自分の考えをまとめてみたいと思います!

ad

関連記事

幸せな働き方を考える(その3:自分の持ち札)

photo credit: Insight Imaging: John A Ryan Photog

記事を読む

幸せな働き方を考える(その4:ワクワクを俯瞰する)

photo credit: Insight Imaging: John A Ryan Photog

記事を読む

幸せな働き方を考える(その11:個のつながり)

photo credit: Intersection Consulting via photo p

記事を読む

幸せな働き方を考える(その5:ワクワクカードの作り方)

photo credit: dplastino via photo pin cc マインドマッパ

記事を読む

幸せな働き方を考える(その14:「何故?」を繰り返す)

photo credit: e-magic via photo pin cc 「何故」を5回繰り

記事を読む

幸せな働き方を考える(その1:まずは、ざっくりと)

photo credit: mokolabs via photo pin cc いつまでもβ版、

記事を読む

幸せな働き方を考える(その16:私たちの切り札)

photo credit: fitzsean via photo pin cc 中学校の放課後に

記事を読む

幸せな働き方を考える(その9:かさなるハッピーメソッド)

photo credit: gregw via photo pin cc 小さなものの中にギュッ

記事を読む

幸せな働き方を考える(その12:日本人の持ち札)

photo credit: jam343 via photo pin cc オカンが日舞の師範代

記事を読む

幸せな働き方を考える(その6:幸せは何処に)

photo credit: splorp via photo pin cc 人の間に、有江慶彰で

記事を読む

ad

ad

鎌倉の眼鏡店 Optic Gallery K で、鯖江の職人技が光るメガネを購入

眼鏡人にとって、一番の悪は、「レンズの曇り」ですよね。 最近レン

5才からはじめるプログラミング!iPadの無料アプリ「ScratchJr」を試す

プログラミングの勉強って、何才からできるの? ScratchJ

【転職します!】面白法人カヤックの経営理念と僕の志望動機

面白法人カヤックで働くことになりました! 来年の4月からですけど

想像を現実にする方法

 現実がイメージ通りになったら素晴らしいですよね。即時には難しいかも

41歳になりました。

 身長と精神年齢が中2で止まってるので実感が無いけども、本日41歳

→もっと見る

PAGE TOP ↑