目的は「自分の中の宇宙」を見つめること

目的は「自分の中の宇宙」を見つめること
photo credit: Mahesh Telkar via photo pin cc

自分の内面を見つめる、有江慶彰です。

もうすぐ独立10周年を迎えるヨガの先生が、貴重な夏休みを使って、我が家に遊びに来てくれました。

<訂正>
誤:独立10周年 → 正:指導歴10周年
(独立10周年はもうちょっと先でした)
失礼しました〜!<(_ _)>(2012年8月18日 07:09 追記)

今回は、先生からいろいろ得たことを、皆さんと共有したいと思います。

先生の紹介

森田尚子さん

ヨガ歴13年、指導歴9年。

10年前にWEBデザイナーから電撃転身!

タンクを使わず一息で海に潜るフリーダイビングで、日本代表として世界大会に出場した経験もある、強いハートを持った明るくキラキラした女性です。

もともとは同じ会社で働いていた「同僚」でもあり、「男気祭り」と称した飲み会の総長(勝手に呼んでいる)もつとめる、私の「人生のお手本」です。

目的は「自分の中の宇宙」を見つめること

「ヨガ」と聞くと、「柔らかい体」とか「ダイエット」とか「ビューティ」などのキーワードを思い浮かべる人が多いのではないかと思います。

そして、論理的には説明できないような「神秘的な力」を持っているイメージがあります。

自分も先生の話を聞くまでは、そんなイメージが強かったのですが、ヨガの本当の目的を教えてもらって「ドキュン」ときました。

ヨガの目的、それは、

自分の「内面」を見つめること。

そして、自分の「内側」の世界と「外側」の世界を繋げる唯一のものが、

「呼吸」

すなわち、「呼吸」をコントロールすることで、自分の内面を見つめることができる。

ヨガのいろいろなポーズは、この「呼吸をコントロールすること」=「自分の内面を見つめること」を目的として、インドの山奥で長年の研究を経て、完成されたものなのだそうです。

なので、ヨガは、決して神秘的な世界のものではなくて、とても論理的で現実的で身近な世界のもの。そしてヨガの全てに明確な答えがあるのだと教えてもらいました。

なるほど。これは興味深い。

自他共に幸福

これは、このブログのテーマでもあり、自分の人生のテーマでもある言葉ですが、これを実現するには、まず、各自が「自立」していることが必要だと思っています。

自立した者同士が、研ぎ澄ませた自分の「得意」を使って協力することで、実現できるという考えです。

自立とは、他からの支配や助力を受けずに、存在することです。

そのためには、自分を客観的に見つめて、まずは自分のことを深く知ることが大事だと思っています。

このような考えを強く持っていた自分にとって、先生から聞いたヨガの目的が、「スッ」と頭に入ってきた感じがしました。

WEBデザイナーからヨガの先生に

「楽しいこと」を、ないがしろにしてしまっている人が多い。

これは、先生から聞いた言葉です。

「楽しいこと」は、すごいパワーが出る。

先生は、Webデザイナーの頃、眉間にしわを寄せながら「この世界で、一生やっていけるのか?」と本気で考えた時に、自信がなかったそうです。

そんな時、その頃に夢中になっていた「フリーダイビング」を、とにかく楽しみまくった。

そして、フリーダイビングがすごくうまい人に教えてもらった上達のヒントが、

「ヨガをやること」

でも、その頃すでに先生はヨガを習っていて、自分がやっているヨガは一体なんなのだ!と思い、大好きなフリーダイビングを極めてもっと楽しみたいという強い気持ちから、ヨガを本格的にやると決意。自分の直感を信じて、そこからヨガの世界にどっぷりと入っていったそうです。

そして、気付いたら「先生」にまでなっていたと。

さすが「男気祭り」の総長、とことん突き詰めます(笑)

現在、大好きなヨガを人に伝えることを仕事にしている先生は、
とてもキラキラ輝いています。

先生のこれからの活動

先生が学んで、そしてこれから伝えていきたいヨガは、

“T.クリシュナマチャリア”という先生の伝えたヨガです。

そのコンセプトは、

“生徒がヨガの練習に合わせるのではなく、ヨガの練習が一人一人に合わせられるべきである。”

というもの。

体も体力も、年齢も、生き方も、心も、ヨガをする目的も一人一人異なる。

だから、練習もその人の状態を尊重し、その人に合ったものでなければならない。

という考え方。

すばらしい!

詳細は、先生のブログ記事を参照。

上記のようなコンセプトで、9月から本格始動されるそうなので、妻も楽しみにしてます。

(自分も妻に便乗して、こっそり受けてみます)

まとめ

・ヨガの目的は「体を柔らかくすること」の先にある「自分の内面を見つめること」。そして、自分が「楽しいこと」を見つけ、それを突き詰めると、キラキラ輝く仕事に就ける。

自分の「楽しいこと」を、本気で見つけに行こう。

森田尚子先生のホームページは、こちらです。

2012-08-14 | Posted in 自分Comments Closed 

関連記事