質の高い仕事=時間密度の濃い仕事

質の高い仕事=時間密度の濃い仕事

本日初出勤、有江慶彰です。

本日から新しい職場に出社します!

さて、このブログのテーマは、 喜びが「かさなるところ」を考察し、仕事と家庭、両方の質を高めることです。

というわけで、今回は、新しい職場への意気込みも込めつつ、自分が目指す「質の高い仕事」について書いてみます。

質の高い仕事

自分が考える「質の高い仕事」とは、上の図の4つの丸が全てかさなる「ココ」の部分を満たすことです。

自分が目指すことは以下の4点。

1. まずは自分の得意なことを存分に活かす。
2. 依頼主の要望を的確に聞き出し確実に満たす。
3. 共に働く作業メンバーが、それぞれの得意を活かすためのサポートを惜しまない。
4. 仕事の結果が世の中への貢献につながる。

まとめ

・自分、依頼主、作業メンバー、世の中、プロジェクトに関わる全ての人が喜ぶ仕事をする。

「質の高さ」とは「時間密度の濃さ」とも言い換えられると思います。「同じ時間内で、どれだけ多くの人が喜べる仕事ができるか」を、つねに考えながら仕事に取り組みたいと思います。

それでは、行って参ります!

2012-07-17 | Posted in 生き方Comments Closed 

関連記事