自由と安定のかさなるところ

自由と安定のかさなるところ

新しい働き方を探求する、有江慶彰です。

転職して、2週間が経ちました。

現在、働く環境を変えたいと考えている人や、新しい働き方を探求している人のヒントになればと思い、今の自分の現状を記事にまとめておこうと思います。

転職のきっかけ

転職を決意したきっかけは、2年前に双子が生まれたことです。

双子怪獣は妻一人ではとても手に負えず、都内の保育園は待機児童でいっぱい。

自分も妻も3人兄弟の一番下ということもあって、おばあちゃん達も年配のため、ワンパクな双子♂♂の面倒をお願いするのにも限界があります。

IT業界ではよくあることだと思いますが、前の職場では、突発的な残業や休日出勤が多かったので、働き方をドラスティックに変える必要があると思いました。

今回の転職の目的

家族を守るための安定。

自分がやりたいことをできる自由。

どちらも手に入れたい。

そんなわけで、今回の転職の目的は、自由と安定のちょうどいい感じのところをおさえられるような、自分にとって斬新な働き方を見つけることでした。

転職から2週間経ち、今回の目的は果たせたのではないかと思ったので、同じようなことを考えている方がいれば、参考にしていただきたいと思います。

契約内容はこんな感じ

現在、以下のような契約で働いています。

  • 個人での業務委託契約(間にエージェントを挟んでいる)
  • 1年契約(数ヶ月ごとに更新のタイミングがある)
  • 先方のオフィスに常駐
  • 定時は9:30〜18:30
  • 外注さんになるので、ほぼ定時あがり(最悪でも20時強制退社)
  • 時間幅150h-190h(超えたり足りない場合は30分単位で報酬を調整)
  • 仕事内容:WEBシステムの要求定義と受け入れ(オフショア開発)

上記のような契約内容で、前職よりもお給料UPできたので、自分としては成功です。

夏休みも人生初のガッツリ9連休をいただける予定です!ありがたすぎます。

今の仕事を覚えたら、フリーの特権を活かして、他の仕事もこなせる準備をはじめたいと考えています。

正社員とフリーランスの間の中途半端な存在ですが、自分にとっては、既存にある社会の分類を超えた新しい働き方のヒントになるのではないかと思っています。

大変になること

大変になることは、やはりお金の管理を全て自分でやることです。

このあたりが面倒で、正社員に戻ってしまう人もいるようですが、逆に言えば、正社員の人は、自分が働いたお金の管理を誰かにまかせる代償として、今の働く環境があるわけです。

もしも、今の働く環境に強い不満があれば、自分でお金を管理するほうが、良いのかもしれません。

まとめ

・正社員とフリーランスの間の中途半端な存在は、社会の分類を超えた新しい働き方のヒントになる。

きっちり分類することは整理をする上ではとても大事なことですが、分類しきれないものを生み出していくことが、現代にとっての課題ではないかと思います。引き続き、かさなるところを考察して、新しいものを生み出すための行動を起こしていきたいと思います。

2012-08-02 | Posted in フリーランスComments Closed 

関連記事