「ノマドワーカーという生き方」の著者、立花岳志さんのセミナー「普通のサラリーマンが出版する方法」に行ってきました。

「ノマドワーカーという生き方」の著者、立花岳志さんのセミナー「普通のサラリーマンが出版する方法」に行ってきました。
photo credit: @ifatma. via photo pin cc

出版に興味がある、有江慶彰です。

今回は、日曜日に行ってきたセミナー「普通のサラリーマンが出版する方法」のレポートです。



NSLセミナー「普通のサラリーマンが出版する方法」

「ノマドワーカーという生き方」の著者、立花岳志さんの第6回No Second Lifeセミナー「普通のサラリーマンが出版する方法」に行ってきました。

詳細は、@ttachi さんのブログ参照。

セミナーの特徴

14:00〜17:00 セミナー
17:00〜19:00 懇親会

上記のような流れで、セミナー会場がそのまま立食パーティに大変身しますので、移動の時間を使わずに、すぐに感度の高い参加者との交流を深めることができます。もちろんシュワシュワした黄金色の飲み物も飲めます。

セミナーで得られたもの

セミナーの最初は、今回のゲストである @OZPA さんの軽快なオープニングセッショントークで会場に爆笑が起こりつつ、芸人出身のSEである私としては軽く嫉妬を得ます(笑)

それはさておき、「出版する」といったようなテーマのセミナーに参加するのは、今回が初めての経験だったのですが、@OZPA さんや @ttachi さんの具体的な経験談が聞けて、とても勉強になりました。

詳しい内容はここには書けませんが、個人的に得られたものをざっとまとめると、以下のような内容です。

  • ポモドーロ・テクニック(作業に集中するための時間管理術)のアプリ
  • ブログの連載記事は原稿を書き上げることができる証明
  • 出版に向けてのブログのメリットは大きい、まずは量を書いて自分を鍛える
  • 企画書の要点と、様々な権利者について
  • 複数の企画を持つことの重要性、ボツも諦めず練り込む

そして、上記以外にも、得られるものの中で、とても重要なものがあります。

仲間を得る

それは「感度の高い仲間」を得られることです。

Dpub 5 in 東京で初めて会った人とは、再会することでまた仲を深めることができますし、今回は隣に座っていた人が、関西のほうから夜行バスで1人で参加されていた人で、セミナーが終わった後も夜行バスに乗り、朝そのまま出社だとか。アツイなぁ!とつっこみをいれつつ、さっそく友達になりました。

また、昭和49年寅年SEブロガーの友達も出来て、貴重な日曜日を使ってでも参加した甲斐がありました。

とにかく集まってる人たちは、出版を意識している人に絞られているだけあって、どなたも面白い人ばかり。

今回のセミナーを通して、TwitterやFacebookでつながることができた皆さん、今後ともよろしくお願いします。

まとめ

・NSLセミナーは、費用の割に得られるものが多い。

ちなみに、今回のセミナーは4,000円、懇親会は+2,000円です。個人的には、得られるものを考えると、とても安いと感じました。今後も積極的にアンテナを張って、いろいろなイベントやセミナーに参加してみたいと思います。

2012-07-30 | Posted in 雑記Comments Closed 

関連記事