生活に必要なものは、自分たちで創り出す。

生活に必要なものは、自分たちで創り出す。

 職人肌でありながら革新的。

 ハイテクながら低コスト。

 競争ではなく共創。

 僕がずっと探してきた「何か」(=かさなるところ)。

 それを見つけるためのヒントが、FabLabにありそうです。

15年に1度、技術が市民に解放される

 1980年には、パーソナルコンピューター。

 1995年には、インターネット。

 2010年からは、WEBと現実世界の「ものづくり」が融合する。

What is FabLab?

 FabLab(Fabrication Laboratory)とは、「ほぼあらゆるもの」を創ることを目的としたワークショップの場。

 世界中に存在し、図書館みたいに市民が自由に利用できる。

 使う道具は、3Dプリンタやカッティングマシンなどのハイテクな機械。

 ワープロ、プリンター、WEBサイトなどの「パブリッシングの技術」が個人に解放されたように、今まで個人では扱えなかったリアルな「ものづくりの技術」が、解放されていく。

「生活に必要なものは、自分たちで創り出す」

 このビジョンが、とても気に入りました。

 ↓3Dプリンターが、僕たちの生活にどんな影響を与えるかを表現したかわいいアニメ。

Full Printed from nueveojos on Vimeo.

FabLab鎌倉

Kura

 2010年の時点で、16カ国に45のラボが存在する。

 日本にも2カ所、筑波と鎌倉にあります。

 上の写真は、FabLab鎌倉

 伝統技能に敬意を持ちつつ、最新の機材を導入し、ハイテクとローテクの高次融合を生み出すことを目的としている。

 来月、引っ越す予定の鎌倉。

 FabLab鎌倉も、楽しみな理由の一つです。

 僕がずっと探してきた「何か」。

 それを見つけるために、立ち寄ってみます。

2012-11-28 | Posted in DIYComments Closed 

関連記事