2才児に『交渉のための簡単な言葉』を教える


「かして」
「いいよ」

 オモチャのとりあいになるたびに、
 コツコツと教え続けてきた。

 その効果が少しずつだけど
 あらわれてきたようだ。

 2人の最近のお気に入りは、
 iPadの神経衰弱ゲーム。

 夜の風呂上り。
 ずいぶん仲良くやってるなあと思って、
 よく様子を見てみると、
 最近やっと発音できるようになった
 お互いの名前を呼び合って、
 交互にカードを引いていたのだ。

 すごい!そしてえらい!

 そんなこと出来るようになったのか。
 パパ、感動。


 シアーズ博士夫妻のチャイルドブック

『子育ての成功とは、
 子供が他者との良い関係を
 築けること』

 と、この本の中にありました。

 ・支配ではなく方向付け。
 ・コントロールではなく結びつき。
 ・信頼感があるから従わせることができる。

 どのページにも響くメッセージがあり、
 でっかい本なのに、一気に読めた。

 30年のキャリアを持つ小児科医でもあり、
 8人の子供を育てあげた親でもある
 シアーズ博士夫妻の研究結果は、
 リアリティと説得力がある。

 本は、人が何十年もかけて経験したことを、
 全てではないけども、擬似体験させてくれる。

 本からもらったヒントやひらめきは、
 すばやく行動につなげて、
 日常に活かしていこうと思う。
 

2013-06-28 | Posted in 育児・子育てComments Closed 

関連記事