灯り

公開日: : 住まい


 あれ?いま暗くなった?と思ったら、その直後、家の中が真っ暗になった。大雪の夜です。停電なんて久しぶりで、しばらく固まったけど、さっそく家の中にある懐中電灯をかき集める。3つあった。でも光るのは1つだけで、残りの2つは放置していたから電池が切れてしまったようだ。

 唯一の光りを頼りに、暗闇の中で電池を探していると、まん丸い光が壁に映って動くのが面白いみたいで、3才双子に懐中電灯を奪われる。

「まるいー!」
「しろいー!」
「おちゅきさまー!」

 こんな状況でもキャッキャキャッキャしているので、やれやれな感じだけど、まあ楽しそうで何より。

 なんとかiPhoneの光を頼りに電池を見つけて交換した。でも残念ながら光らない。1つは放置しすぎて電池の液漏れで故障。もう1つは安物で接触が悪くて着かない。懐中電灯は定期的に点検しないとダメ。

 妻がキッチンカウンターの上にいくつかのキャンドルを並べて火を点けてくれた。あたたかい灯りがリビングを照らす。そして庭に置いていたフュアーハンドランタンを持ってくる。去年の夏に入れたオイルが中にまだ残っていたので火が灯った。じゅうぶんに明るくなった。

 電気はすぐに復活した。その後も短い停電が何度か続いたけど、大事には至らなかった。

 でも、ゆらゆらと揺れる火って、なんだか原始的でいいですよね。僕は好きだ。基本的にはインドア派ですけど、キャンプ的な雰囲気がよい。マッチの匂いも、消した後に登る白い煙りも嫌いじゃない。懐中電灯も便利だけど、キャンドルとランタンのオイルも補充しておこう。暖かくなったら夜の庭に火を灯して、家族とゆっくり食事をしたい。虫は嫌いだけど。

ad

関連記事

引っ越しや部屋の配置換えで、iPhoneアプリ「My Measures & Dimensions」が、便利な理由。

 引っ越しや、部屋の配置換えには、メジャーが必須アイテムです。  計ったサイズをメモ帳に残した

記事を読む

どこか懐かしく、心に響く庭。鎌倉で「あじ庭」を作ります。

 2009年11月、ふらりと寄った本屋で、川本諭さんの著書「Aji-Niwa」に出会いました。

記事を読む

誰かをまねきたくなる、グリーンのある空間。川本諭さんの新刊『Deco Room with Plants』届きました。

 予約していた本『Deco Room with Plants -植物とつくる、自分らしいインテリ

記事を読む

引っ越しを成功させる唯一の方法は、漏れなく確認すること。賃貸物件27のチェックポイント

 内見時間は、意外と短い。  ほとんどの場合、2年間は住むことになる賃貸物件。  隅々まで漏

記事を読む

住まいの機能を削って、本当の「豊かさ」を考える。

   都内から鎌倉に引っ越して、我が家から無くなったもの。  マンションの1階にズラリと並ぶ宅配

記事を読む

ad

ad

鎌倉の眼鏡店 Optic Gallery K で、鯖江の職人技が光るメガネを購入

眼鏡人にとって、一番の悪は、「レンズの曇り」ですよね。 最近レン

5才からはじめるプログラミング!iPadの無料アプリ「ScratchJr」を試す

プログラミングの勉強って、何才からできるの? ScratchJ

【転職します!】面白法人カヤックの経営理念と僕の志望動機

面白法人カヤックで働くことになりました! 来年の4月からですけど

想像を現実にする方法

 現実がイメージ通りになったら素晴らしいですよね。即時には難しいかも

41歳になりました。

 身長と精神年齢が中2で止まってるので実感が無いけども、本日41歳

→もっと見る

PAGE TOP ↑