自分の機嫌をとる方法

IMG 6070

 人の機嫌をとっちゃダメ、自分の機嫌をとる。

 斉藤一人氏の言葉だ。

 たしかに世の中の人が全員、自分の機嫌を上手にとることが出来たらハッピーですよね。

 でも自分の機嫌をとれっていわれても、どうやって?

 ひとつの例として、美味しいものを食べるとかね。

 もちろんそれもいいけど、食べてばかりじゃ健康に良くないし、やっぱり「自分が好きなこと」を徹底的にやるのがいいですよね。

 例えば、毎日使う道具を好きなものに置き換えていく。生活雑貨、毎日使う食器とかもいいですよね。文房具もいいし、服、カバン、観葉植物、インテリアなど。

 あとは好きな音楽を聴いたり、絵を描いたり、散歩をしたり、とにかく自分が好きなことをやる。

 そういう些細なことだったり、ささやかなことでも、自分の「好き」を日々の生活の中にたくさんちりばめるのがよいと思う。好きなことは人それぞれだけども、一日のタイムスケジュールの中にそれをちゃんと組み込む。

 僕はここ数年で徐々にそういう体制を整えてきた。人生が100倍楽しいとまではいかないけども、けっこう毎日がしあわせです。一発狙った大きな変化よりも、案外、小さなことの積み重ねのほうが確実なしあわせを生む。

 という言い訳で、季節はずれだけども、新しい手帳を注文した。届くのが楽しみ。

ad

関連記事

道を開く方法

 順調だったのに先が見えなくなってしまったり、この先どうすればいいのか迷ってしまうことも、たまに

記事を読む

昨日の自分に感謝し、明日の自分を喜ぶために

(2012/08/29 AM4:55 今朝の空) 本はすごい。 賢人が、長年の経験から気付き

記事を読む

ヒト・モノ・コトで、喜びが「かさなるところ」を探求する。

よりよい人生を送るために大事なこと。 人と「共感」でつながる 物事の「バランス」を保つ

記事を読む

200グラムぴったり

 高1の春。渋谷センター街のステーキ屋でアルバイトをしていた。面接ではホールスタッフを希望したけど

記事を読む

39です。

 本日、39歳になりました。  自分の体と両親に、  家族、仲間、友人に、  感謝です。  3

記事を読む

「媚びない人生」を読んでグッときた14の熱い言葉(前編)

photo credit: -sel via photo pin cc 媚びない男、有江慶彰です

記事を読む

気づきと行動を繰り返して

「大学をやめて芸人になります」  厳格な父に告げる時は、  正直、ひるんだ。  今となっては恥

記事を読む

『僕らの時代のライフデザイン』自分でつくる自由でしなやかな暮らし方、生き方。

『ノマドトーキョー』の米田智彦さんの著書、 『僕らの時代のライフデザイン』を読みました。  

記事を読む

2013年は『進』

 毎年、お正月に、妻と2人でやることがあります。  思いつくままに「やりたいこと」を書き出す。

記事を読む

no image

『選挙フェス』参院選に立候補したミュージシャン三宅洋平に共感。

 世の中を変えるのに必要なものは、  僕たち個人の意識。  外側ではなく、自分の内側にあるもの

記事を読む

ad

ad

5才からはじめるプログラミング!iPadの無料アプリ「ScratchJr」を試す

プログラミングの勉強って、何才からできるの? ScratchJ

【転職します!】面白法人カヤックの経営理念と僕の志望動機

面白法人カヤックで働くことになりました! 来年の4月からですけど

想像を現実にする方法

 現実がイメージ通りになったら素晴らしいですよね。即時には難しいかも

41歳になりました。

 身長と精神年齢が中2で止まってるので実感が無いけども、本日41歳

夢を叶える生き方

 目標に向かって頑張る。  そのやり方しか無いと僕は思っていたの

→もっと見る

PAGE TOP ↑