自分の道を創る

 数年ごとにサッと目の前に用意される新しい活動の場っていうのがありますよね。僕の場合は「お笑いの舞台」という場から始まったのだけども、職場で新しいことを任されたりとか、後輩が増えたりとかも含めて、そういう節目的なタイミングが生きていると何度かある。

 その時の自分にはちょっとむずかしい場なんだけども、よい方向に進むと信じて、そういう場には思いっきり飛び込んだほうがいいですね。僕は必ずそうして来た。

 痛い目を見たり、格好悪い思いをしたり、そこから落っこちないように沢山もがいたこともあったけども、そんなことを繰り返して、なんとか今の僕がここにいます。

40歳寸前で固めた決意

 今の僕はお金持ちでも有名人でもない。とても偉そうなことは言えないけども、無職で住所不定の貧乏暮らしだった時の昔にくらべたら、今はけっこう幸せだ。

 歩んだ道を振り返ると、グネグネと曲がりくねった道だった。だけど無駄なことは一つもなかったと今は思える。だからこれからもこのまま前に進もう。この道を、もっとよい道にするためにね。40歳寸前でそんな決意を固めた。

目の前にある道

 今、目の前にある道は、華やかではなく地味に見えることのほうが多いし、苦しいことや面倒なことも多いと感じてしまうかもしれない。

 自分にピッタリの道が他にもあるのでは? 天職は別の道にあるのでは? そんな考えで必死で探したこともある。そんな時ありますよね?

 だけども、今の僕は「自分の道」こそが「成功の道」だと信じています。自分の道というのは、人それぞれが持っている独自の道。たった今、目の前にある道です。

よい人生とは

 今ある目の前のことに、手を抜かず全部の力を出し切って、一歩ずつ淡々と次のステージに上がっていけばいい。

 その道の途中で、自分が寝る間も惜しむくらいワクワクできる楽しいことを使って、今、目の前にいる人(家族、仕事仲間、友人、世の中の人)をどれだけ喜ばせることができるか。よい人生かどうかは、その数で決まる。精進します。

自分の道を創る

 「自分の道を創る」というメッセージを、この記事のタイトルしました。

 この先、この記事を見てくれた人が、成功の道はすぐ目の前にあるってことに気付き、少しでも気持ちが楽になってもらえれば、うれしいです。

「すごい」と言われることよりも、今、目の前にいる人の「笑顔」を追いかけよう。(斉藤一人)

2014-06-16 | Posted in 生き方Comments Closed 

関連記事