道を開く方法

公開日: : 人生

IMG 6121

 順調だったのに先が見えなくなってしまったり、この先どうすればいいのか迷ってしまうことも、たまにはありますよね。そんな時は目の前のことだけに集中すればいい。

 今日までに自分がやってきたことは、自分自身が頑張ってきた結果だって、思ってしまいがちだけども、その道をたどってみると、その時々、すぐ目の前にいる人から始まっているってことがわかる。

仕事

 僕が今の職場環境で働けるのは、転職活動をスピーディに支援してくれた営業さんのおかげで、今のフリーランスという働き方があるのは、東京しごとセンターで「自分を見つめなおすこと」の大事さを教えてもらったからで、その施設のことは妻の親友が教えてくれた。

 ITの世界で長く働けたのは転職先を紹介してくれた同僚や上司のおかげだし、プログラミングの最初の師匠は僕の兄だ。

出会い

 双子の息子たちと出会えたのは、妻と出会えたからで、その妻と出会えたのは、ドイツ人とフランス人が集まる謎のパーティー(どんなだ)で、僕はあんまり乗り気じゃなかったけど、友人がそこに誘ってくれた。

 鎌倉をITで全力支援するカマコンバレーに紹介してくれたのは幼稚園のパパ友で、ちょっと家からは離れているその幼稚園に決めたのは妻で、そこを卒園した美容師さんが僕の髪をカットしてくれる人で、その人からそのすばらしい教育理念について教えてもらった。

道を開く方法

 家族、友人、仕事仲間、世の中の人。別の場所や過去や未来ではなく、今、目の前にいる人を大切にすること。それだけに集中すれば、必ず道は開ける。

 でも無理をするのは良くないですよね。一番大事なのは、まず自分自身を大切にすること。

ad

関連記事

『THIS IS YOUR LIFE』人生とはあなたが出会う人々であり、その人たちとあなたが作るもの。

『自分の道は自分で創る』  僕の信条のひとつです。  写真は、妻がリビングに飾った  タイポグラ

記事を読む

no image

自分の道を創る

 数年ごとにサッと目の前に用意される新しい活動の場っていうのがありますよね。僕の場合は「お笑いの舞

記事を読む

ヒト・モノ・コトで、喜びが「かさなるところ」を探求する。

よりよい人生を送るために大事なこと。 人と「共感」でつながる 物事の「バランス」を保つ

記事を読む

2014年の抱負

 毎年正月になると、妻と2人で  やることがある。  スイーツと珈琲でリラックスしながら、  そ

記事を読む

夢を叶える生き方

 目標に向かって頑張る。  そのやり方しか無いと僕は思っていたのだけども、先日読んだ「人生に悩

記事を読む

人生の師からの助言「1日を3等分して過ごす」

市民として発信する、有江慶彰です。 先日、仕事が決まったことを、人生の師に電話で報告しました。

記事を読む

2013年は『進』

 毎年、お正月に、妻と2人でやることがあります。  思いつくままに「やりたいこと」を書き出す。

記事を読む

自分の機嫌をとる方法

 人の機嫌をとっちゃダメ、自分の機嫌をとる。  斉藤一人氏の言葉だ。  たしかに世の中の人が

記事を読む

半農半Xという生き方

 半農半バッチ。  旧友のSEとグリーン車飲みをした夜、  会話から湧いて出たキーワード。  

記事を読む

『僕らの時代のライフデザイン』自分でつくる自由でしなやかな暮らし方、生き方。

『ノマドトーキョー』の米田智彦さんの著書、 『僕らの時代のライフデザイン』を読みました。  

記事を読む

ad

ad

鎌倉の眼鏡店 Optic Gallery K で、鯖江の職人技が光るメガネを購入

眼鏡人にとって、一番の悪は、「レンズの曇り」ですよね。 最近レン

5才からはじめるプログラミング!iPadの無料アプリ「ScratchJr」を試す

プログラミングの勉強って、何才からできるの? ScratchJ

【転職します!】面白法人カヤックの経営理念と僕の志望動機

面白法人カヤックで働くことになりました! 来年の4月からですけど

想像を現実にする方法

 現実がイメージ通りになったら素晴らしいですよね。即時には難しいかも

41歳になりました。

 身長と精神年齢が中2で止まってるので実感が無いけども、本日41歳

→もっと見る

PAGE TOP ↑