HINGE A6

最高のアイディアを生むための最もミニマルなツール HINGE A6 が届きました!


idontknow.tokyo の HINGE A6 届きました!

このミニマル感、そそりませんか?

この感じ、僕の大好物なのです。


友達がつぶやいていたので速攻ポチってしまった。

お気に入りのサコッシュも持っているし、

最近、休日に電車で出かけると、

紙とペンだけの遊びに双子がハマってるので、

ちょうど良かった。

机がなくても紙が曲がらないのが良い。

HINGE A6

使い方は↑こんな感じ。

ホワイトもあるよ。

HINGE A6

お気に入りの LAMY 4色ボールペン がこの通り。

くるんと開いて、内側の穴に、クリップ付きのペンを装着できる。

HINGE A6

僕は、A4用紙を4つ折りににして、A6サイズにしてみました。

うまくやればA4用紙1枚でA6サイズ8面分のメモが書けていいんじゃないかと。

パンツを表と裏、前と後ろで4日履ける、みたいな。

HINGE A6

閉じると、ペンは中に収まるので、

外側から見るとこんな感じ。

HINGE A6

上側は1面ポケットです。

下側は、下の部分だけポケットになってて、

紙がずれない。

HINGE A6

最近、双子が「ワードウルフ」という、

お手軽な人狼ゲームみたいな遊びにハマってるので、

ポケットのほうには名刺サイズのメモカードを忍ばせてみました。

この遊び、ルールは超簡単なのに、

紙とペンだけで大人でも盛り上がれますので、

ぜひやってみてください笑

おっと、話が逸れちゃいましたが、

idontknow.tokyo の HINGE A6

ミニマル好きにはたまりません。


2019-03-11 | Posted in 道具Comments Closed 

関連記事