子供を叱らずに言うことを聞いてもらう唯一の方法

子供を叱らずに言うことを聞いてもらう唯一の方法
photo credit: photo pin cc

自我が芽生えはじめた双子の父、有江慶彰です。

1歳10ヶ月になった双子たち、「ちゃんとやって!」とか「これはダメ!」とかいうと、反発して逆に言うことを聞きません。

口を開かない

自分の子育て担当のひとつが、寝る前の「ハミガキ」。

これが、なかなか口を開かない。

こどもチャレンジのDVDを毎晩見て、

「ごろ〜んして」(仰向けになる)とか

「おくち、あーーん」とか

「しゅかしゅかしゅか」(ブラッシング)とか、

言葉の意味は覚えたみたいなのですが、実際にハミガキの時間になると、

やらない。

漢(おとこ)のプライドを捨てて、「はい、おくち、あーーん」とか、優しい声で言ってみたりもするのですが、しらーっと真顔でこちらを見つめ返してきます。

まったく、可愛い双子です。

「まだ無理?」からの→「出来る!」作戦

たしか「すくすく子育て」か何かで見たと思うのですが、こどもの自我が芽生え始めると、「自分でやりたい」という気持ちが育ち「まだ無理?」と聞かれると「出来るもん!」と答えたい気持ちが強くなるそうです。

これを思い出した私は、さっそくこれをハミガキに取り入れてみることにしました。

仰向けのまま、しらーっと真顔の長男に、私は話しかける。

「うん、そっか、口開かないよね。うん、なるほど、そっか、まだ小さいから開けないんだね。まだ1歳だからね。しょうがないね。出来ないんだね。そっかそっか。」

すると、どうでしょう。

こどもは魔法がかかったように、

クパッ
(口が開いた音)

「出来るのかよ!!!」

その後、それを横で見ていた次男にも、まったく同じ作戦を試してみたところ、すんなり口を開いた。しかも、ニンマリ顔で。

「Good job!!!!」

(褒め倒すと効果大)

緊張と緩和の魔法

笑いの基本といわれている「緊張と緩和」

いわゆる「ベタな笑い」というものをみれば、

笑いに中に、かならずこの法則が成り立っていることがよくわかる。

例えば、吉本新喜劇をよくみてみると、

シリアス、シリアス、シリアス からの → コミカル

といったような「緊張と緩和」がふんだんに使われているのがわかる。

例えば、こどもたちが大好きな、

「いないいなーい、ばぁっ!」

これも「緊張と緩和」だ。

いない、いない、あれ、どうしよう、いない、からの → いた!

試しに、こう変えてみるのはどうだろう?

「まずいまずーい、うんまっ!」

「こわいこわーい、かわいっ!」

「きらいきらーい、すきっ!」

きっと大好きなはずだ。

(まだ試していません)

こどもだけではなく、大人だって、この「緊張と緩和」が大好きだ。

寝ちゃダメ、寝ちゃダメ、からの、→ 寝ていいよ!

でも、お高いんでしょ? からの → なんと、9800円!

ツン、からの、→ デレ。

今回のハミガキの場合も、

出来ない?出来ないの?残念なヤツなの? からの → 出来る!

という「緊張と緩和」の魔法が働いたのだ。

この「緊張と緩和」を意識的に日常に取り入れていくと、楽しくて気持ちのいい世の中になるのではないかと思います。

まとめ

・「緊張と緩和」は、子育てにも有効。

強制するのではなく、気持ちよくやってもらうには、どうしたらいいか?

これからも、親と子の喜びが「かさなるところ」を探求します。

2012-08-23 | Posted in 育児・子育てComments Closed 

関連記事