問題を根本から断つ(第3話)

問題を根本から断つ(第3話)
photo credit: ecstaticist via photo pin cc

双子怪獣の父、有江慶彰です。

第1話:問題を根本から断つ
第2話:問題を根本から断つ(続編)

上記の記事の続きです。

前回までのあらすじ

IMG 4764

双子がいたずらをする理由、それは、

「そこにモノがあるから」

革新的な答えを導き出したその夜、

私達は、リビングにちらかっていた「モノ」を、全て取り除いた。

しかし、

子供用ゲートをとっぱらったせいで、ソファーと対面するプラズマテレビ、そして、PCや妻のミシンを置いているカウンターテーブルが、
双子怪獣の格好の餌食となってしまう。

IMG 4777

2週間後、プラズマテレビも、カウンターテーブルも、オールクリア!

ベッドが、リビングに、ドーーン!

窓際に憩いのスペース。

部屋の真ん中にベッド。

ホテル風リビングの誕生。

テレビが隣の部屋にある暮らし

子供から狙われるランキング第一位の、テレビまわり。

裏には配線もびっしりあれば、開閉口がデリケートなDVDプレーヤーも一緒に置いてある。

今までのリビングでは、子供用(小型犬用)ゲートを使って「どうやって囲うか?」こればっかりを考えていましたが、テレビを隣りの部屋に移動してしまってからは、とても平穏な日々です。

テレビが、リビングにいない生活。

IMG 4878

「いない、いない、いない、いない♪」

IMG 4880

「ばぁっ!」

平和です。

そして、次なる課題。

そんな平穏な日々を送る中、また新たな課題が。

それは「食卓」

IMG 4777

写真奥のテーブルで、床に座ってみんなで食事をします。

IMG 5065

こんな感じで、仲良く座ってるうちはいいのですが、

食事が終わると、すぐに立ち上がり、まだ食事中である我々の食器を、

巧みなコンビネーションで奪い去って行きます。

どうやら、片付けの手伝いがしたいようなのですが、

片付けるのが、早い。

落ち着いて食べられない。

というわけで、「食卓」をどうやって根本から断つか、ただいま思案中です。

まとめ

・すぐに根本を断つことができないこともある。

我が家のリビングのテーマは、「大人も子供もリラックスして楽しめる空間」

足し算ではなく、引き算の考えで、ここまでやってきましたが、
今回の課題は、なかなかてごわい。

2012-08-22 | Posted in 親と子Comments Closed 

関連記事