問題を根本から断つ(続編)

問題を根本から断つ(続編)
photo credit: kelsey_lovefusionphoto via photo pin cc

双子怪獣の父、有江慶彰です。

今回は、2週間前に書いた記事「問題を根本から断つ」の続編です。

前回のあらすじ

前回のあらすじ

双子怪獣のいたずらに、日々苦しめられていた私達は、

ついに、その問題を根本から断つ決意をした。

双子がいたずらをする理由、それは、

「そこにモノがあるから」

革新的な答えを導き出した私達は、その夜、

リビングにちらかっていた「モノ」を、全て取り除いた。

フローリングに貼っていたコルクパネルも、子供用ゲートも、オールクリア!

しばらく、運用してみて

上の写真の左手、奥にはソファーと対面するプラズマテレビ、手前には、PCや妻のミシンを置いているカウンターテーブルが設置されています。

怪獣たちの大好物は、「大人が大事にしているもの」

それが、こんなに無防備な状態で置かれているわけですから、それはもう、

格好の餌食です!(T_T)

プラズマテレビのスクリーンは、恐怖の心霊スポットのように、無数の手形だらけ。

「ヒャッヒャ!ヒャッヒャ!」と、悪魔のような甲高い笑い声をあげながら、スクリーンをバンバン叩いたり、本体をグラグラ揺らしたり、主電源を入れたり消したり。そして、こういう時の双子怪獣はとても仲がいい。

PCやミシンを置いているカウンターテーブルには、クッションなどを踏み台にして、大事な道具やマウスに手を届かせてくる。そしてPCで調べ物やブログを書いたりしていると、巧みなコンビネーションで背後からワイヤレスマウスを奪い取っていく。

私はPCを置いたカウンターテーブルを「人生のコクピット」と呼ぶくらい、洗練したスペースにしていたので、生活のサイクルが大きく乱れました。

日中も、妻が洗濯物をたたんだり、本を読んだり、何をやるにも、妨害が絶えない。

私達は考え、そしてまた、答えを導く。

「まだ、クリアできるモノがある」

さらに問題を根本から断つ

さらに問題を根本から断つ

というわけで、プラズマテレビも、カウンターテーブルも、オールクリア!

すがすがしい!

こういう時に、いつも天才的な発想のひらめきをみせる妻の名案により、家族4人の寝室として使っていた隣りの部屋を「アトリエ」と名付け、大人用の作業部屋として使うことにしたのです。

その代わりに、

ベッドが、リビングに、ドーーン!(笑)

窓際に憩いのスペース。

部屋の真ん中にベッド。

「ホテルか!」

と、思わず、つっこみをこぼしつつ、

またしばらく、怪獣たちの様子を見ます。

まとめ

・問題を根本から断ったつもりでも、しばらく運用してみると、また根本が見えてくる。

何事も、行動と検証の繰り返し。

我が家のリビングのテーマは、「大人も子供もリラックスして楽しめる空間」です。親と子の喜びが、かさなるリビングを目指します。

2012-08-13 | Posted in 育児・子育てComments Closed 

関連記事