フリーになると国保が高い!まずは、社団法人 日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)さんと面談

Jagda

フリーランスになって、一番痛いこと。

それは、国民健康保険税がめちゃめちゃ高いことです。

国保が高い!安くする方法は?

フリーランス関連の書籍を何冊か読んで「保険組合」なるものを知りました。

保険料が一律になるので、支払いの予定が立てやすく、多くの場合、支払額を減らすことができます。

早速、WEBで調べてみると、WEB制作に関わる仕事をしている場合は、

文芸美術国民健康保険組合」というところに入れるようです。

保険料の計算をしてみると、だんぜん安い!

ただ、組合に入るには以下のような条件があります。

日本国内に住所を有し、文芸、美術及び著作活動に従事し、かつ、組合加盟の各団体の会員である者とその家族。

で、「社団法人 日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)」さんを見つけたのですが、入会するには、既に会員になっている紹介者が必要とのこと。

紹介者……

いない。

しかし、諦めずに、よく調べてみると、事務局で直接面談を行えば、局長さんが紹介者になってくれる場合があるらしい。

ということで、ダメもとで、面談に行って参りました!

<参考記事>
国民健康保険税が高いので、多くの人が安くなる方法を。

いざ、JAGDAへ

IMG 6029

大江戸線の地下って、本当に深いですよね。

六本木駅 8番出口から直結。

IMG 6030

Tokyo Midtownに入ります。

IMG 6031

JAGDA は、ミッドタウン・タワー5F。

DESIGN HUB というところを目指す。

IMG 6034

Midtown Tower。

IMG 6032

エントランスホールの角にある白いエレベータに乗ります。

7階まで行けるやつ。

IMG 6033

5階に着くと、ありました「DESIGN HUB」

IMG 6035

奥は広い展示スペースになっています。

突き当たりの、左側に「JAGDA」の事務局があります。

IMG 6036

マグマグが展示されてました。

面談に必要なもの

  • 入会申込書
  • 預金口座振替依頼書

上の2つはここからダウンロードできます。

  • 顔写真2枚(1枚は入会申込書に貼る、もう1枚は予備を添付)
  • 実績、経歴がわかる資料

注意点としては、WEBの場合は画面を印刷した紙の資料が必要です。
僕は職務経歴書しか持って行かなかったので、後から郵送というかたちになりました。

ということで、面談の結果を待ちます。

2012-09-28 | Posted in フリーランスComments Closed 

関連記事