どこか懐かしく、心に響く庭。鎌倉で「あじ庭」を作ります。

どこか懐かしく、心に響く庭。鎌倉で「あじ庭」を作ります。

 2009年11月、ふらりと寄った本屋で、川本諭さんの著書「Aji-Niwa」に出会いました。

 今でもたまに、ぱらりとめくりたくなる、大好きな一冊。

 もうすぐ引っ越す鎌倉の家には、小さいけれど、庭があります。

 ずっと憧れていた「あじ庭」を、鎌倉で作ります。

あじ庭

 花いっぱいの庭も素敵だけど、僕が好きな「あじ庭」は、緑が中心の庭。

 サビた鉄、コケの生えた植木、ペンキのはげ落ちた家具。

 いい感じに「朽ちた」ものが並び、時の経過を感じさせる「あじ」のある庭。

 どこか懐かしく、心にしみる、ばあちゃんの庭のような風景。

 そんな庭を、ずっと作りたかったのです。

都会の空中庭園

IMG 4880

 リビングの延長みたいなベランダ。

 都心に住んでいる間は、こんな「あじ庭」もいいなぁと、想像を膨らませて、ワクワクしていました。

風を感じる、小さなパーティ

IMG 4998

 次の家は、小さいけれど、せっかく庭があるので、こんなスペースを作りたい。

 お酒は、手作りサングリアが似合いそう。

 写真の左下、ワイヤーで吊したぐるぐる蚊取り線香も、いい感じ。

IMG 4996

 家族や友人とリラックスして、美味しいお酒と食事を楽しめる庭。

 鎌倉で、そんな「あじ庭」を、作ります。

2012-10-31 | Posted in 住まいComments Closed 

関連記事