引っ越しを成功させる唯一の方法は、漏れなく確認すること。賃貸物件27のチェックポイント

賃貸物件27のチェックポイント

 内見時間は、意外と短い。

 ほとんどの場合、2年間は住むことになる賃貸物件。

 隅々まで漏れなく確認したい。

下準備が大事

 隅々まで、漏れなく確認するには、あらかじめ作っておいたチェックリストを持って行き、現場で確実にチェックすることが有効です。

 我が家では、双子が産まれる前から、何度も足を運び、鎌倉近辺の物件を見てきました。

 今回は、WEBや書籍を参考にして、僕がまとめた賃貸物件27のチェックポイントを共有します。

 引っ越しを検討されている方の参考になれば幸いです。

賃貸物件27のチェックポイント

 僕の場合は、現場で以下のチェックポイントに、1〜5点を素早くつけておき、後でじっくり総合バランスを見て検討します。

 物件の中に入るところから、順番にチェックしていけるイメージで並べています。

 小さくプリントアウトして、モレスキンなどの手帳やノートに貼っておくと、現場で書き込みやすいです。

  1. 部屋に入った瞬間の臭い
  2. 携帯の電波
  3. 間口が正方形に近い?
  4. 天井の高さ
  5. 邪魔なでっぱりや柱はないか?
  6. コンセント、電話、インターネットの場所
  7. 家具のレイアウト後をイメージする
  8. エアコン
  9. 収納力(クローゼット・物置)(バス・トイレまわり)(玄関・ブーツ・傘)
  10. 窓・ドアの建て付け
  11. 全ての窓を開けてみる
  12. ベランダ周り、周辺からの見通し
  13. 日当たり(コンパスで南を確認)窓の大きさ、通気性
  14. 防犯、玄関と窓、テレビモニタ、インターホン、玄関に鍵が二つ
  15. 騒音、壁の厚み、窓のサッシ、フローリングの厚み、隣人
  16. キッチンの設備
  17. ガス台
  18. 風呂の設備
  19. シャワーの水圧
  20. トイレの設備
  21. 洗面台の設備
  22. 洗濯機置き場
  23. 配水管、押し入れの奥のシミ、クロスの端
  24. 実際に生活しているかのように動き回ってみる
  25. カーテンレールなど自分で準備するものは?
  26. 安い場合は理由を聞く
  27. できれば、昼と夜に周辺を歩いてみる

 つきそっていただく方に遠慮せず、淡々と確認しましょう。

 こちらの本気度も伝わります。

2012-10-23 | Posted in 雑記Comments Closed 

関連記事