CHEMEX(ケメックス)が好きな理由は、美+機能。

CHEMEX(ケメックス)が好きな理由は、美+機能。

 ドリッパーとサーバーが一体になったガラス製のボディ。

「くびれ」を覆う木製ハンドルと革ひも。

 このスッキッリとした風貌に、多くの人が魅了される。

漏斗+三角フラスコ?

 実験器具のような形をしたこのコーヒーメーカー。

 生みの親は、ピーター・シュラムボームというドイツの化学者。

 誕生してから70年、何度も仕様変更を重ねてきた。

 どれも、ひと目でわかる大きな変化ではない。

 この「砂時計」のような形を、長い間ずっと守り続けてきたことが、多くのファンを生んできたのだろう。

美+機能

 僕は、珈琲に関して、特に詳しいわけではありません。

 そんな、ゆるい珈琲ファンを、CHEMEXの「機能」が支えてくれます。

 youtubeで調べると、CHEMEXの美味しい淹れ方がわかりますよ。

 ガツンとくる珈琲もきらいではないですが、CHEMEXでいれると、ちょっとだけ優しいマイルドな味になります。

 休日の朝、すこしだけ手間をかけて、美味しい珈琲をいれたい時に最適です。

 淹れている間は部屋中に、珈琲のいい香りが漂います。

 珈琲って、飲むときはもちろんですが、淹れている時が一番、心が落ち着きます。

「美」と「機能」を、兼ね揃えているCHEMEX。

 僕たちがCHEMEXを好きな理由。

2012-11-13 | Posted in 道具Comments Closed 

関連記事