鎌倉の家、契約完了。鎌倉が僕を呼んでいる。

鎌倉の家、契約完了。鎌倉が僕を呼んでいる。

 契約から数日後、鎌倉の不動産屋さんから、12月に引っ越す家の契約書が届きました。

 封筒をあけると、送付案内のメモ欄に、あたたかい手書きのメッセージ。

 僕は都内で何度も賃貸の契約をしました。

「お早く鎌倉に!!」

 こんなメッセージが添えられていたのは初めてだったので、なんだか心が温まった。

鎌倉の古くて小さな不動産屋

 鎌倉駅から歩いて数分。

 4畳半くらいの土地に建てられた古くて小さな不動産屋。

 先日、その2階で契約をしてきました。

 4人掛けの応接セットがぎりぎり置けるような狭いスペースに、おっさん4人が集合。

 不動産屋、大家、紹介してくれた不動産屋、僕。

 僕が持って行った現金を、目の前で、山分けする。

 どんな顔でそれを見ていればいいのか、むずかしかったけど、支払ったお金の行き先を直接この目で見ることができて、面白かった。

 白髪の不動産屋さんが、契約書を読み上げる。

「これは、つまり、こういうことです」

 とても丁寧に、解りやすく、噛み砕いて教えてくれた。

 世界一契約したい不動産屋。

Yuigahama

 契約の後、家族で寄った由比ヶ浜海岸。

 海が見えるベンチがたくさんあって、テイクアウトしたものを食べたり、休憩している人たちが、のんびりと過ごしていた。

 新しい家からは、徒歩15分でここに着く。

 都心から一度も出たことがないので、まだ実感が湧きませんが、とても楽しみです。

2012-11-16 | Posted in 鎌倉と僕Comments Closed 

関連記事