泣きじゃくる2才の双子次男。子どもの「かんしゃく」の原因は、「思っていたのと違う」という「抗議」

機関車が終わっていて、泣きじゃくる双子次男。

 鎌倉の家を契約した後、せっかくなので、由比ヶ浜を家族で散歩。

 浜辺のすぐ手前にある、広い芝生の公園で、大きな機関車とレールを発見。

 海を見てから来たので、残念ながら、もう終わっていた。

「ウェーーーーーーーーーーーン!」

 うつぶせになって、泣きじゃくる双子次男。

 車と電車が、大好きなのだ。

恐るべき2歳児

 双子次男。

 こいつの「かんしゃく」は、ハンパねぇ。

 とにかく、声がでかい。

 そして、長い。

 これは、もう、泣き声ではなくて、「サイレン」だ。

 比べるのは良くないが、双子長男と比較すると、あまりにも「かんしゃく」持ちなので、少し心配になっていた。

「かんしゃく」のメカニズム

 All Aboutの記事「子どもが起こす「かんしゃく」のメカニズム」によると、原因は以下の2つ。

  • 記憶力の発達
  • 自立心の芽生え

 成長した子どもは、うまく出来たときの記憶が残るようになり、そのイメージの通りに、うまく再現したいと考える。

 でも、まだうまくできないことも多い。

 危険なことは、親に止めさせられる。

 そういう「思っていたのと違う」という「抗議」が、「かんしゃく」になるようだ。

「あの時のように、うまく、やりたい!」という、強いプラスの衝動。

 問題ではなく、むしろ、喜ばしい、正しい発達のステップなのだ。

「かんしゃく」を起こしたときの対処法

 子どもによって個性があるから、これといった正解がない、というのが、この手の課題の定番だ。

 うちの子の場合は、「どうした?」とか、「なんで泣いてるの?」と聞かれると、よけいに「かんしゃく」が大きくなるようだ。

 きっと「わかってもらえない」ということが、「抗議」を大きくしているのかもしれない。

 昨夜も、消防車なみの「サイレン」が鳴り始めた。

「ウェーーーーーーーーーーーン!!」

 僕は、試しに、いつもと違う行動を試みる。

「そうかそうか、なるほどね。それは大変だ。泣くしかないね」

 と、泣きじゃくる双子次男の横に座り、肩をポンポンと叩いて、「同意」を示してみた。

 そうすると、いつもと違うリアクションに興味が移ったのか、すっと泣き止んだ。

「えらい。泣き止んだね。じゃあ、握手しよう」

 誇らしげに、双子次男は、右手を差し出した。

 まだ言葉がしゃべれないから、正解は解らない。

 子どもたちの様子を、よく観察して、いろいろ試してみることが、大事だ。

2012-11-06 | Posted in 親と子Comments Closed 

関連記事