2才双子長男の「変わり身の術」に驚いた。

2才双子長男の「変わり身の術」に驚いた。

 双子長男は、すばしっこくて、ずるがしこい。

 トムとジェリーだったら、ジェリー・マウスのほうだ。

 ヨーグルトと大好きなフルーツだけを食べたら、とっとと席を立って、遊びに行ってしまう。

 先日は「変わり身の術」を使って、上の写真のような状態になっていたので、驚いた。

すばしっこい

 双子長男は、すばしっこい。

 双子次男が面白そうなおもちゃで遊んでいると、さっと、おもちゃを奪ってしまう。

 奪われた双子次男は、必ず大泣きするので、すかさず、さっと、おもちゃを返す。

 双子次男が泣き止むと、「褒める?」という顔で、こっちを見てくる。

 いや、そもそも泣かしたのは、お前だ。

ずるがしこい

 双子長男は、ずるがしこい、というか、小ずるい。

 褒めてもらうために、いろいろなことをしてくる。

 先日、うちのオカンが、咳をするときは口に手を当てることを教えていた。

 最近、「おほんおほん」と、ウソの咳をして、口に手を当てながら「褒める?」という顔で、こっちを見てくる。

 コップをガツンとテーブルに置くと、怒られることを覚えて、そーーっとゆっくり置きながら「褒める?」という顔で、こっちを見てくる。

 こいつは、僕よりも、小ずるい。

 そんな双子長男の横で、唐突に「葉っぱ!」と叫ぶ、双子次男。

 こいつは、どこまでもシュールで、マイペースだ。

少しずつ、教えていこう

 本当の目的は、人に「褒められること」ではない。

 自分も、相手も「いい気分でいられること」だ。

 今はまだいいけど、少しずつ、教えていこう。

 そして、僕たちも、子供たちと一緒に、成長していこう。

2012-12-07 | Posted in 育児・子育てComments Closed 

関連記事