2才双子長男が「指しゃぶり」を止めた日。

IMG 7044

 鎌倉に引っ越して、2日目の夜。

 タコが出来るくらい親指をしゃぶっていた双子長男が、指しゃぶりを止めました。

 僕のオカンと、双子長男の、ちょっとだけ感動する出来事。

バーバのことが、大好きな双子

 引っ越し後の家の中は、ダンボールだらけです。

 この土日で、なんとか生活できる状況をつくるために、僕のオカンに2晩泊まってもらいました。

 即席でミニミニ保育園を開けるオカンの力は、すごい。

双子長男の親指

 双子次男は「かんしゃく持ち」だが、双子長男は大丈夫。

 なぜなら、いつでもどこでも、しゃぶることができる親指があるからだ。

 そのうちやめるだろうと思って放置していたが、親指にタコができたり、ガサガサしてきているので、そろそろ止めさせたい。

「あら、また親指しゃぶってる。赤ちゃんだねぇ、お兄ちゃんは指しゃぶらないんだよ」

 オカンも指しゃぶりを止めさせようとして、いろいろ言っていたが、ぜんぜん止めない。

 

寝室での出来事

 2日目の夜、寝かしつけから戻ってきたオカンの様子が変だ。

 話を聞いてみると、寝室で、こんなことがあったらしい。

「あら、親指がこんなに腫れてる。かわいそうな親指ねぇ」

 オカンはそう言って、双子次男の綺麗な親指と、タコができてる双子長男の親指を見比べさせた。

 カンの鋭いほうの双子長男。

 やっとオカンの気持ちが伝わったのか、指をしゃぶらないようにガンバリはじめた。

 いつも眠りの導入剤として親指がかかせなかった双子長男。

 その日は、手のひらを顔面にあてて、目をふさいで、しゃぶりたいのを必死に我慢しはじめた。

 必死でがんばる双子長男の姿を見て、うちのオカンは、思わず感動して涙がこぼれてしまったそうだ。

 双子長男は、お風呂をあがったあとに、オカンにタオルで体を拭いてもらったのを覚えていて、今度はオカンの涙を、タオルで拭いてあげた。

 

 初めて、親指をしゃぶらずに、眠りについた双子長男。

 えらかったね。

 そして、ありがとう、オカン。

2012-12-17 | Posted in 子育てComments Closed 

関連記事