『歯磨きキライ』の2才イヤイヤ期、僕の作戦が成功した日。

IMG 8796

 ケタケタケタケタ!

 寝る直前の双子たちは、なぜか、ハイ・テンション。

「よし、歯磨きをしよう」

 平日は、双子たちと夜しか会えないので、

 僕は、お風呂と歯磨きの係り。

「ちゃんと磨かないと、虫歯になって、イタイイタイになるよ」

 むなしくも、僕の声は、2人の耳に届かず。

IMG 8797

「おーい、はーをーみーがーくーよーーー」

 無視。

 最近は、ずっとこの調子なのだ。

 このやりとりも、そろそろツラくなってきたので、

 何か新しいことを、試してみる必要がある。

 僕は、通勤電車の中で思いついた、

 ある作戦を、決行する。

「よし、わかった」

「じゃあ、先に、パパの歯を、君たちが、磨いてくれ」

IMG 8783

 食いついた。

 僕の歯ブラシを、2人、いや、3人でにぎり、

 グリグリグリグリグリグリグリ!

 いや、血ぃ、出るから。

 痛いし、ぜんぜん磨けないんだけど、

 楽しそうだ。

「よし、おっけー、ありがとう。サッパリしたよ」

「じゃぁ、次は、君たちの番だ」

IMG 8798

 ごろーん。

IMG 8799

 ごろーん。

 作戦は、

 成功した。

 やっぱり、ゆうことを聞いてくれないのは、

 こどもながらも『一方的な態度』が、イヤなのだ。

 明日からも、気をつけてみよう。

2013-04-05 | Posted in 育児・子育てComments Closed 

関連記事