2才双子の『限りなく嫌がらせに近い』トイレの遊び。


IMG 0536

 トイレの中。

 1人で便器に座っていると、

 ドアのレバーがゆっくりと下がる。

 少しびっくりしたけど、

 すぐに子供たちの仕業だとわかり、

 そのまま黙っていると突然、

 ガチャガチャガチャガチャ!

 今度は激しく上下に動いた。

『うわ!』

 ビックリして声をだす。

 クスクスクスクスと、

 小悪魔たちの笑い声が聞こえて、

 その後も、

 ガチャガチャガチャガチャと、

 かなり、しつこい。

『取り立て屋か!』

 思わず、つっこむと、

『ケタケタケタケタッ』

 笑い袋みたいな声が聞こえて、

 ダッダッダッダッと、

 走って逃げて行く。

 妻は歯医者に行っているので、

 暇を持て余しているのだ。

 しばらくすると、

 ドアの下の隙間から、

 何かが勢いよく飛び込んできた。

 何かと思って、びっくりしたけど、

 動物パズルの、ゴリラだ。

『ビックリするわ!』

『ケタケタケタケタッ』

 ダッダッダッダッ

 なめられている。

 完全に。

『パパー!』

 ドア越しに、呼びかけてくる。

『はーい』

『パパー!』

『パーパーーーーー!』

『はいはい』

『・・・ママ?』

『ママ!?』

『いや、パパだから!』

 ヘヘヘっと、

 乾いた笑い声。

『お前ら、嫌がらせか!』

『ケタケタケタケタッ』

 ダッダッダッダッ

 まったくもって、

 落ち着いてトイレにも入れないんだけども、

 なんだか、最近、急に成長したなあと、

 少しだけ、嬉しく、思いました。


2013-05-28 | Posted in 子育てComments Closed 

関連記事