久しぶりに好きなモノを好きなように絵に描いたら『脳がスッキリ』した。


 休日の午後。
 昼寝の時間、息子たちを寝かしつけた後、
 妻も出掛けていて少し時間ができたので
 カバンの中から出した僕の大好きな
 (僕にとっては選りすぐりの)
 所持品たちを机の上に並べて
 久しぶりに絵を描いてみたら
 なんだか脳がスッキリした。

 15分くらいで描いた適当な絵だし
 上手な絵は描けないんだけども、
 脳の中の最近使っていなかった
 どこかの『大事な部分』を
 うまく刺激できたみたいだ。
 脳が喜んだ感じ。

 こてこてのアクリル絵具とかで、
 ベッタベタに塗ったりするのも
 好きなんだけど、黒ペンだけで
 ささっと描けば、時間も手間もかからない。

 いきなりフリーハンドで描くのも
 程よい緊張感があって良いのだ。

 今回は極細のドローイングペンで
 描いたけど、万年筆で描いても
 味が出て面白い。

 万年筆画のおすすめ本はこちら。
楽しい万年筆画入門 (趣味の教科書)

 時間が無いから出来ないといって
 結局なにも出来ないよりも、
 隙間の時間にできる『プチ好きなこと』を
 一日の中に、たくさん散りばめられたら、
 毎日がもっと充実するんじゃないかと思う。

2013-09-03 | Posted in 雑記Comments Closed 

関連記事