遺失物


 人から唐突に「出かけるときの重要アイテムを3つあげなさい」といわれたら「iPhone、SUICA、財布」と即答できる。まあ即答できても何の役にもたたないし、そんなことを言ってくる人はまわりにいないんだけど、今年に入ってまだ間もないのに、別々の日に3つとも落として紛失した。自分のことながらビックリするくらいだらしのない話ですが、事実なので認めるしかない。

 iPhoneは新年会の夜に葉山で飲み過ぎて落とす。SUICAは同窓会に向かう途中の湘南新宿線で落とす。財布はチャリで買い出しの帰りに鎌倉で落とす。ここ20年くらいは大事なものを落とすことなんて無かったんだけど、老化のせいなのか、前厄のせいなのか。いや、ぜんぶ雪のせいだ。(言いたいだけです)

 落とし物をした時のどれにも言えることは、気持ちがゆるゆるセカセカしていた。ようは平常心ではなかったのだ。落とし物をしないようにするには、普段と変わらない心、揺れ動くことのない心理状態を保つことが大事だ。でも心が躍るような人生のほうが楽しいよね。

 後日、落し物が全て戻ってきたのには驚いた。今は3つとも手元にある。拾ってくれた湘南に住む親切な人たちはみんな口をそろえてお礼はいらないと言う。僕は都内で生まれ育ったから、SUICAはまだしもiPhoneや財布なんかを落とした日にはもう絶対に出てこないし、そういうものは戻ってこないものだと信じていた。戻ってきたときは感謝でいっぱいになった。

 実際に住んでみて感じるんだけど、鎌倉や葉山の人はとても大らかで優しい。海や山と共に暮らしているからなのか。

 心の底から、ずっとここに住みたいと思った。

2014-02-26 | Posted in 鎌倉と僕Comments Closed 

関連記事