ムクドリの助け

公開日: : 子育て


「じゃあ、もう食べないの?」
「たーべーる!」

 日曜の昼。いつものように、うどんの麺と肉だけを先に食べて、野菜だけをきれいに残した双子次男。

「まーま、やって!」

 妻が手伝って野菜を口に入れると、ぶえーっと出す。

「ちょっと!もう食べない?」
「たーべーる!」

 3才4か月、複雑な年頃なのだ。

 妻は作業があるので別の部屋へ。

 僕は食器洗いの担当。キッチンカウンター越しに様子をうかがい続ける。長期戦の予感。

「食べないんだったらパパ食べちゃうよ?」
「たーべーる!」

「そっか、じゃあ食べなよ」
「まーまーは!?」

 椅子の上に立ち、キレている。

「ママは仕事。あ、自分で食べられないの?」
「たーべーる!」

 食べたくないのか、食べたいけども食べられないのか、実はママにあまえたいだけなのか、真意はつかめない。

「食べたくないんだったら残してもいいよ?」
「たーべーる!」

 そしてまたサイレンのような音量で泣き出してしまった。こうなるともう手におえない。

 その時、庭に一羽の鳥が舞い降りた。

「あ!鳥さんだ!」

 注意をそらす。

 黒っぽい体に白い側頭部、黄色いくちばし、スズメよりも一回り大きいくらいの鳥が、庭のウッドデッキからこちらをジッと見ている。

 ピタっと泣き止んだ次男。

「空から泣いてるのを見つけて応援に来てくれたのかな。『ちゃんと野菜も食べて!頑張って!』って、言ってるよ」

 自分でもアホらしいと思いながらも、最近は絵本の内容にも興味が出てきた次男に、真面目に伝えてみる。

 すると次男は黙ったまま椅子に座り、残った野菜を自分で食べ始めた。そしてあっという間にペロリとぜんぶ食べてしまったのだ。

「すごいじゃん!えらい! わははは!」

 うまくいきすぎて自分でも笑ってしまった。

「じゃあ、鳥さんにありがとうを言おう」
「とりさん、あがと!」

 鳥は静かに飛び去った。

 こんどお礼に餌台を置いておくね。

ad

関連記事

夏!『コッシーのプール』で水遊び

 夏ですねえ。 「ぷーる!ぷーる!」  3連休、息子たちは毎日、  庭でプール遊び。  気持ち良

記事を読む

ケンカ、時々、なかよし。

 取ったり、取られたり、  泣かしたり、泣かされたり。  毎日、ごたごたが絶えない双子たち。

記事を読む

電車とイエロー

「ほら、寒いから、早くお店の中に入って、暖まろう」  先日、新横浜で買った、Nゲージの「ドクタ

記事を読む

『わたしメッセージ』で、親と子の心地よい関係づくり。

『○○しなさい!』  小さい頃、親からよく言われた覚えがあるし、  親になってからは、ついつ

記事を読む

「抱っこ」の哲学

 昨夜は、最初から決めていたのです。  帰ったら、すぐ、アイツを「抱っこ」して、  そのまま

記事を読む

リアル電車の動画に食い付きすぎる、2才双子次男。

 2才双子次男は、電車が大好き。  最近まで「機関車トーマス」のことが大好きなのだと思っていた

記事を読む

ぎゅうして

「ぎゅうして」 「彼女か」  寝癖がひどすぎる3才双子長男が、いじらしい彼女のように抱っこをせが

記事を読む

親と子の対立を解く『勝負なし』法

 親の意見をゴリ押しするのが一つ目の方法。  子の意見にすべて譲るのが二つ目の方法。  双方

記事を読む

一番いい時

 一番いい時っていつでしょう。何気ない出来事、当たり前の風景が、後になって、あの時は一番よかったな

記事を読む

3才双子のシールあそび

 休日、妻が出かける時に、  イラストレーター100%Orangeの  シールせいさくを出していっ

記事を読む

ad

ad

鎌倉の眼鏡店 Optic Gallery K で、鯖江の職人技が光るメガネを購入

眼鏡人にとって、一番の悪は、「レンズの曇り」ですよね。 最近レン

5才からはじめるプログラミング!iPadの無料アプリ「ScratchJr」を試す

プログラミングの勉強って、何才からできるの? ScratchJ

【転職します!】面白法人カヤックの経営理念と僕の志望動機

面白法人カヤックで働くことになりました! 来年の4月からですけど

想像を現実にする方法

 現実がイメージ通りになったら素晴らしいですよね。即時には難しいかも

41歳になりました。

 身長と精神年齢が中2で止まってるので実感が無いけども、本日41歳

→もっと見る

PAGE TOP ↑