ムクドリの助け


「じゃあ、もう食べないの?」
「たーべーる!」

 日曜の昼。いつものように、うどんの麺と肉だけを先に食べて、野菜だけをきれいに残した双子次男。

「まーま、やって!」

 妻が手伝って野菜を口に入れると、ぶえーっと出す。

「ちょっと!もう食べない?」
「たーべーる!」

 3才4か月、複雑な年頃なのだ。

 妻は作業があるので別の部屋へ。

 僕は食器洗いの担当。キッチンカウンター越しに様子をうかがい続ける。長期戦の予感。

「食べないんだったらパパ食べちゃうよ?」
「たーべーる!」

「そっか、じゃあ食べなよ」
「まーまーは!?」

 椅子の上に立ち、キレている。

「ママは仕事。あ、自分で食べられないの?」
「たーべーる!」

 食べたくないのか、食べたいけども食べられないのか、実はママにあまえたいだけなのか、真意はつかめない。

「食べたくないんだったら残してもいいよ?」
「たーべーる!」

 そしてまたサイレンのような音量で泣き出してしまった。こうなるともう手におえない。

 その時、庭に一羽の鳥が舞い降りた。

「あ!鳥さんだ!」

 注意をそらす。

 黒っぽい体に白い側頭部、黄色いくちばし、スズメよりも一回り大きいくらいの鳥が、庭のウッドデッキからこちらをジッと見ている。

 ピタっと泣き止んだ次男。

「空から泣いてるのを見つけて応援に来てくれたのかな。『ちゃんと野菜も食べて!頑張って!』って、言ってるよ」

 自分でもアホらしいと思いながらも、最近は絵本の内容にも興味が出てきた次男に、真面目に伝えてみる。

 すると次男は黙ったまま椅子に座り、残った野菜を自分で食べ始めた。そしてあっという間にペロリとぜんぶ食べてしまったのだ。

「すごいじゃん!えらい! わははは!」

 うまくいきすぎて自分でも笑ってしまった。

「じゃあ、鳥さんにありがとうを言おう」
「とりさん、あがと!」

 鳥は静かに飛び去った。

 こんどお礼に餌台を置いておくね。

2014-02-04 | Posted in 育児・子育てComments Closed 

関連記事