焼きたての食パン


 小さなパン屋さんって、なんかいいですよね。パンのこと愛してるんだなぁっていう雰囲気をかもし出してる店主とかがいたらもう最高だ。鎌倉に住んでからは近所にそういうパン屋さんが案外あることを知って、週末よく買いに行く。焼きあがる時間帯や定休日が一般的じゃないことが多いけど、その分だけ希少性もあって、味も美味しい。


 長谷のMIYUKI PANも小さくて可愛いお店だけど、材木座のmamaneはもっと小さくて、民家の玄関先だけで営業しているから驚いた。小さいのに種類も豊富。全粒粉の食パンと、夏みかんピィルのカンパーニュと、チョコパンを買った。どれも美味しい。

 材木座のGAMA(人気があったのに閉店してしまった)もそうだったのだけど、焼きたてのパンはシンプルな「食パン」が一番美味しい。バターとかジャムとか何もつけなくても満足度が高い。むしろつけないほうがいい。

 僕はカレーパンとかソーゼージが乗ってるのとか、惣菜的なパンをよく買うほうだったけど、鎌倉に住んでからは食パンが好きです。もちろんオリーブの入ったホカッチャとかも好きだし他のパンも美味しくて買うけど、焼きたてホヤホヤの食パンにはかなわないところがある。

 外はパリッと香ばしくて、中はしっとりふわふわ。ほんのり温かくて香りもよい。あぁ、書いてたらまた食べたくなってきた。うーん。

2014-03-25 | Posted in 鎌倉と僕Comments Closed 

関連記事