4月の絵本


 妻と僕から息子たちへ、毎月交代で絵本をプレゼントしている。

 4月に妻が選んだのは、ボブ・ディランが実の息子に向けて作ったという絵本『はじまりの日』。幼稚園の入園式だった昨日の夜、息子たちに読み聞かせた。

 「君が○○でありますように」といった調子で、父の願いがクールにつづられていて、読んでいる僕のほうもグッときてしまった。今日は(明日からも)はじまりの日。この時期にピッタリの内容。

 騒いでいた息子たちも、途中から少しだけ静かになって聞いていたけど、どこまで理解しているのか? かわからないけど、精一杯、読みます。

 しかし、ちょっと妻のチョイスが良すぎて、来月担当の僕は軽くプレッシャーです。

2014-04-09 | Posted in 親と子Comments Closed 

関連記事