寝顔とウグイス

 先週から幼稚園が始まって、寝るのが早くなった息子たち。僕が家に帰る頃にはもう寝ているので、お風呂も歯磨きも僕の育児担当ではなくなった。まあ正直なところ楽にはなりましたよ。だけどその分、妻の負担が増えて気がかりだし、まあ正直ちょっとさみしいですね。何もできないので洗い物だけはやります。

 夜、息子たちの寝顔を見るのが僕は好きです。起きている時はやかましいけど、寝ていると天使みたいだ。親バカです。でも寝室が暗いので双子の位置がたまに入れ替わっていて、目を凝らして見ないとどっちだかわからない時がある。たまに妻だったり。いや、それはどうだろう。

 朝はウグイスの声で起きます。明け方に寝室の窓の外から聞こえてくる。東京ではカラスの声で起きていた時もあったけど、ウグイスに起こしてもらうと気分がよい。目覚まし時計を止めた後、まだ布団の中でちょっとだけグダグダしていると「ホー、ホケキョ」と、上品でやさしい声が聞こえてくる。そんな鎌倉の朝が僕は好きです。

2014-04-18 | Posted in 育児・子育てComments Closed 

関連記事