おたまじゃくしとカメによろしく

 幼稚園、最初の一週間を終えた3才双子。まだ慣れなくて、幼稚園に着くと「ようちえんいやだ!」と泣き叫んで大変だと妻から聞いた。部屋も別だしね。入園式のことを思い出すと想像がつく。

 慣れるまで1年かかる子もいるみたいなので、気がかりです。

 日曜の夜、次男の歯磨きの仕上げをしながらヒアリングを試みる。

「幼稚園のおたまじゃくしは元気?」
「うん」

「他にも動物いるの?」
「かめ」

「へー、いいねカメ。かわいい?」
「うん」

「そっか、幼稚園、楽しい?」
「うん」

「明日も楽しみだね」
「うん、くっきーいっぱいたべたい」

 クッキーと幼稚園は、まったく関係ない。たぶん歯をちゃんと磨かないとクッキーが食べられなくなるとか言っておどしていたから、もうごっちゃになっている。

 もしかすると、うまく誤魔化したのかもしれない。まだそんなことできるとは思えないけど、まあそのどちらかだ。とりあえず嫌だとは言わなかったので、大丈夫なのかな? 真意はわからない。

 2週目がスタートする月曜の朝。

「ぱぱ、どこいくの?」
「おさんぽ?」
「いや仕事だよ」

「おしごと?」
「おしごと?」
「そうだよ、2人は幼稚園いくの?」
「いく」
「いく」

「じゃぁ、おたまじゃくしとカメによろしく」
「はい」
「はい」

 なんだか変なところで返事だけはいい息子たちだが、きっとその後はまた幼稚園でさわいだと思う。慣れるまでは息子たちも妻も大変だろうけど、はやく幼稚園が楽しい場所になるといいね。

 今日は泣かずに、おたまじゃくしとカメによろしく伝えられるといいのだけども。
 

2014-04-15 | Posted in 育児・子育てComments Closed 

関連記事