またね

公開日: : 最終更新日:2014/06/10 子育て

「ぱぱなにしてんの?」
「なにしてんの?ぱぱ」
「出かける準備をしてるんだよ」

「ごはんたべるね、またねー」
「またねー、たべるねー」
「うん、またね」

 ダダダと、ダイニングへ駆け戻る息子たち。こんな感じで朝から洗面所とダイニングを行ったり来たりするので、正直ちょっと面倒だ。

 それにしてもなんだか急に口数が増えた。幼稚園の影響なのか。まぁ相変わらず会話の中身が無さすぎて笑えるのだけど。

 ダダダと、また洗面所に戻ってくる。

「ぱぱようちえんにいくの?」
「ばすでいくの?」
「いや、パパは仕事。電車で行くんだよ」

「どーなっつかってきて」
「おいもぱんかってきて」
「えー、買えるかな? そんなことより早く朝ごはん食べなよ」

「ごはんたべるね、またねー、またねー」
「またねー、たべるね、またねー」
「お前ら、またねーって言いたいだけだろ」
 ダダダと、またダイニングへ駆け戻る。

 幼稚園が始まってから朝が早くなったので、僕がでかける時にお見送りをしてくれるようになった。それは嬉しいことなのだけども、正直ちょっと面倒だ。

「ぱぱ!いったっさい!」
「いったっさい!ぱぱ!」
「うん、行ってきます」

「またねー!」
「またねー!」
「うん、またね」

「ぱぱ!いったっさい!またねー!」
「いったっさい!またねー!ぱぱ!」
「うん、またね、とりあえずちょっと待って、靴を履くから」

 朝から玄関が大騒ぎで、妻と僕は苦笑い。正直けっこう面倒だ。ただ、出勤時に見送ってもらえるというのは、悪い気はしませんね。お父さんになったんだなぁと、実感します。

 でもこの、またね、っていう言葉は、再会することを当たり前のように約束できる間柄でしか言えない感じが、なんかいいですよね。ということで、それでは、またね。

ad

関連記事

ケンカ、時々、なかよし。

 取ったり、取られたり、  泣かしたり、泣かされたり。  毎日、ごたごたが絶えない双子たち。

記事を読む

一番いい時

 一番いい時っていつでしょう。何気ない出来事、当たり前の風景が、後になって、あの時は一番よかったな

記事を読む

no image

幼稚園の余興(寸劇)に企画から参加!失敗しないための5つの事

 子も親も一緒に楽しむ! これが我が家のモットーです。  息子たちの通う幼稚園では、お父さんたち

記事を読む

双子次男の逆襲

 自由すぎる寝相。  双子次男。  最近、暑かったせいなのか、  スキンシップが足りないのか、

記事を読む

シュライヒ

 子どもって動物が好きですよね。僕も好きですけど。で、うちにシュライヒがたくさんあります。ドイツ製

記事を読む

子どものケンカに介入する目的は『審判のため』ではなく『コミュニケーションの活路を開くため』

 ケンカが絶えない2才双子。  理由はいつもだいたい同じ。  長男が次男のおもちゃを  奪い取って

記事を読む

ダメ禁止の日

「ダメ」といえば「ヤダ」と騒ぐ。  否定には否定が返ってくる。  ならば、すべて肯定すればいい

記事を読む

双子育児Twitterで振り返る(その1:一発目のつぶやき)

皆さん、おはようございます! ツインビーが好きだった、有江慶彰です。 さて、今回は、「双子誕

記事を読む

シャボン玉のふしぎ

 「えー、またー?」  双子長男に手をひかれて、  僕はしぶしぶと庭に出る。  もう何回やった

記事を読む

問題を根本から断つ(第3話)

photo credit: ecstaticist via photo pin cc 双子怪獣の

記事を読む

ad

ad

5才からはじめるプログラミング!iPadの無料アプリ「ScratchJr」を試す

プログラミングの勉強って、何才からできるの? ScratchJ

【転職します!】面白法人カヤックの経営理念と僕の志望動機

面白法人カヤックで働くことになりました! 来年の4月からですけど

想像を現実にする方法

 現実がイメージ通りになったら素晴らしいですよね。即時には難しいかも

41歳になりました。

 身長と精神年齢が中2で止まってるので実感が無いけども、本日41歳

夢を叶える生き方

 目標に向かって頑張る。  そのやり方しか無いと僕は思っていたの

→もっと見る

PAGE TOP ↑