41歳になりました。

公開日: : 人生

IMG 8226

 身長と精神年齢が中2で止まってるので実感が無いけども、本日41歳になりました。

 小学校の卒業アルバムに書いた僕の将来の夢はプログラマー。先駆者的ITな兄のおかげもあって社会人になってすぐに夢が叶った。

 で、最近、気が付いたのは、僕が本当になりたかったものはプログラマーっていう「職業」というより、プログラム(あるいは他の手段でもよい)を使って、人の助けになるものや楽しませるものを創る人。

 だから、まだまだやれることがありすぎて途方に暮れるんだけども、良い言い方をすればその「のびしろ」にワクワクする毎日です。

 現代版の人生ゲーム(昔から有名なボードゲーム)では、プログラマーはハズレの職業なのだそうです、安月給のハードワーク。そんなイメージも強いかもしれない。でもプログラマー(開発者)ってのは、人を助けることや楽しませることが大好きで、それを自分の手で創っちゃうカッコイイ存在なんだってことを未来に伝えたい。

 「創る」って楽しい。だって、これは人間が原始時代から受け継いでいるものだからね。

 何をやるか、より、どうあるか。それを追求していたら、最近は自分が楽しいと思うことばっかりやっている。これでいいのかな?って不安な時もあるけど、気が付いたら僕の周りには本当に好きな人ばかりいるから、しばらくこのまま突き進みます。人に感謝。ありがとう!

ad

関連記事

未来像を書き出したら、実現した。

 毎年、正月休みになると、妻と2人でやることがあります。  欲しいものや、やりたいことを、思い

記事を読む

パパが『人生の目的』を定めた日。

 今年のGWの旅先は『我が家』でした。  『外』ではなく、『内』への旅。  こじんまりとした

記事を読む

人生の師からの助言「1日を3等分して過ごす」

市民として発信する、有江慶彰です。 先日、仕事が決まったことを、人生の師に電話で報告しました。

記事を読む

no image

自分の道を創る

 数年ごとにサッと目の前に用意される新しい活動の場っていうのがありますよね。僕の場合は「お笑いの舞

記事を読む

200グラムぴったり

 高1の春。渋谷センター街のステーキ屋でアルバイトをしていた。面接ではホールスタッフを希望したけど

記事を読む

道を開く方法

 順調だったのに先が見えなくなってしまったり、この先どうすればいいのか迷ってしまうことも、たまに

記事を読む

パリ色のメガネをかけたら、ここはパリ。

「パリ色のメガネをかけたら、ここはパリ」  日曜日、代々木公園で一緒にピクニックをした友人夫

記事を読む

2014年の抱負

 毎年正月になると、妻と2人で  やることがある。  スイーツと珈琲でリラックスしながら、  そ

記事を読む

しあわせ地蔵の前で

『新しい年、家族で初詣、  最高にしあわせネッ!』  正月、実家のお袋さんから  メールが届いた

記事を読む

「媚びない人生」を読んでグッときた14の熱い言葉(後編)

photo credit: fazen via photo pin cc 駆け出しの野良猫、有江

記事を読む

ad

ad

鎌倉の眼鏡店 Optic Gallery K で、鯖江の職人技が光るメガネを購入

眼鏡人にとって、一番の悪は、「レンズの曇り」ですよね。 最近レン

5才からはじめるプログラミング!iPadの無料アプリ「ScratchJr」を試す

プログラミングの勉強って、何才からできるの? ScratchJ

【転職します!】面白法人カヤックの経営理念と僕の志望動機

面白法人カヤックで働くことになりました! 来年の4月からですけど

想像を現実にする方法

 現実がイメージ通りになったら素晴らしいですよね。即時には難しいかも

41歳になりました。

 身長と精神年齢が中2で止まってるので実感が無いけども、本日41歳

→もっと見る

PAGE TOP ↑