半農半Xという生き方


 半農半バッチ

 旧友のSEとグリーン車飲みをした夜、
 会話から湧いて出たキーワード。

 半分冗談で盛り上がったのだけど、
 その後もその言葉が頭に残っていたので、
 半農半Xという生き方 実践編
 という本を買って読んでみた。

 『農』といってるのは、田舎に住んで
 自分で米や野菜を作ることを
 意味するのではない。

 自分の好きな場所に住みつつ、
 生活の中により多くの自然を取り入れ、
 スローにていねいに暮らすこと。

 『X』とは、人の数だけある天職。
 自分の好きなこと、得意なこと。
 それを駆使して社会に貢献すること。

 『半農半X』とは、
 そのどちらか一方ではなく、
 両方とも大事にする生き方。

 自分のミッションに集中しつつ、
 けれども、哲学的で思索に満ち、
 シンプルに暮らす。

 僕のブログのタイトルでもある
『かさなるところ』のコンセプトに、
 ぴたりと当てはまる部分が多く
 読んでいて嬉しくなった。

 本の中の実践例を参考に、
 新しい行動を起こしてみようと思う。

 世界でただ一つの喜びは、
 始めることだ。
 ー セザール・パブス

2013-09-06 | Posted in 人生Comments Closed 

関連記事