ギャップの魅力

公開日: : 自分

 いま「鎌倉を鳥の都にする」というプロジェクトに参加していて、しばらく鳥のことを考えていたら、僕の親父さんがスズメを助けたときのことを思い出した。

 たしか僕が中学1年生の時、当時住んでいた渋谷の建物の10階の部屋に、足にケガを負ったスズメが迷い込んできてしまって、僕の親父さんが治療をしたっていう話です。

 小さくカットした包帯みたいなものをスズメの足に巻いてあげていたのを覚えてるのだけども、今考えると、普通の公務員だった親父さんがいったいどんな治療したんだろうか。マキロンでも塗ったのかな。まぁそれはいいんだけど、1週間後には完治して元気に飛び去っていった。

 で、まぁ何が言いたいかというと、僕の中では、あの厳しくて頑固な親父さんがスズメを助けたっていうことが、なんだかすごくインパクトのある出来事だったわけです。

 人って、いつもはきびしいイメージの人がふと見せる「優しさ」とか、おとなしそうな人がふと見せる「強い気持ち」とか、そうゆうギャップって大きな魅力の一つですよね。

 でもそれは元から持っているもので、見る側の人がその側面しか見ていない。あるいは、その人自信が側面しか相手に見せていない。どちらかしかないと思うけど、計算したり狙って出せるものではないから、そうゆう「良いギャップ」をナチュラルに出せる人って僕は好きです。まぁそんなことを意識してる時点で僕はまだまだなんですけども。

ad

関連記事

第4回カラーセラピーで見えた僕の近い未来のイメージは『ミニマムな米づくり』

 北海道から鎌倉の我が家に  遊びにきてくれた友人は  カラーセラピスト。  カラーボトルという

記事を読む

no image

自分に気付く

 2年前、このブログを始めてからずっと、自分の内面と対話してきた。  それまでは「出来事」に注目し

記事を読む

プロダクター(生産者)+コンシューマー(消費者)=プロシューマーの時代に自分の「使命」を考える

photo credit: Tony Fischer Photography via photo

記事を読む

飛べ。そうすればあなたを受け止めてくれるネットが現れる

photo credit: Camdiluv ♥ via photo pin cc 飛ぶ! 有江

記事を読む

自分の内にある声から「気付き」を得る!カラーセラピー今回で3回目!

気付く!有江慶彰です。 私達のまわりには、たくさんの色が溢れています。 あなたが無意識に選ぶ

記事を読む

自分のやりたいことが見つかる「欲求の地図」

photo credit: WanderingtheWorld (www.LostManProje

記事を読む

no image

一引き二運三器量

 一引き、二運、三器量。これは「人が出世するのに必要なものとその優先順位」を伝えている言葉。  

記事を読む

あなたは常識人間を捨てられるか「自分の中に毒を持て」岡本太郎

photo credit: MoleSon² via photo pin cc 芸術は爆発だ!有

記事を読む

想像を現実にする方法

 現実がイメージ通りになったら素晴らしいですよね。即時には難しいかもしれないけど、ゆっくり確実に実

記事を読む

no image

褒めること

 昔、お笑いをやってた時があって、しばらくやってると可愛い後輩とかも出来てきたりして、大した身分では

記事を読む

ad

ad

鎌倉の眼鏡店 Optic Gallery K で、鯖江の職人技が光るメガネを購入

眼鏡人にとって、一番の悪は、「レンズの曇り」ですよね。 最近レン

5才からはじめるプログラミング!iPadの無料アプリ「ScratchJr」を試す

プログラミングの勉強って、何才からできるの? ScratchJ

【転職します!】面白法人カヤックの経営理念と僕の志望動機

面白法人カヤックで働くことになりました! 来年の4月からですけど

想像を現実にする方法

 現実がイメージ通りになったら素晴らしいですよね。即時には難しいかも

41歳になりました。

 身長と精神年齢が中2で止まってるので実感が無いけども、本日41歳

→もっと見る

PAGE TOP ↑