喜びが「かさなるところ」を考察し、仕事と家庭、両方の質を高めることを目指す!

喜びが「かさなるところ」を考察し、仕事と家庭、両方の質を高めることを目指す!

人生のテーマは自他共に幸福、有江慶彰です。

何かを表現する際には、根っことなるテーマを持つことが重要です。

この記事のタイトル『喜びが「かさなるところ」を考察し、仕事と家庭、両方の質を高めることを目指す!』というのは、ブログのサブタイトルにもなっている本ブログのメインテーマです。

これまで、思いつくまま色々なジャンルの記事を書いてきたので、ちゃんと、喜びが「かさなるところ」をテーマにできているか、ここらで一旦記事を整理してみたいと思います。

「かさなるところ」別に、記事を整理

それでは早速、「かさなるところ」別に、これまでの記事を整理してみます。

「かさなるところ」は、絵にしたほうがわかりやすいので、趣味の万年筆イラストで描いてみます。

「自分」と「仲間」

「自分」と「仲間」

まずは、このブログの真の目的です。

「仕事」と「家庭」

「仕事」と「家庭」

セミナー、公演会、書籍からの学びと気付き、そして、育児関連の記事です。

「自分が幸せなこと」と「お金になること」

「自分が幸せなこと」と「お金になること」

「幸せな働き方」について考えた、全17回の連載記事です。

「作業」と「作業」

「作業」と「作業」

「ボケ」と「ツッコミ」

「ボケ」と「ツッコミ」

「作り手」と「受け手」

「作り手」と「受け手」

「開発者」と「出版関係者」と「ユーザー」と「ブロガー」

「開発者」と「出版関係者」と「ユーザー」と「ブロガー」

まとめ

なんとか、喜びが「かさなるところ」をテーマにできていそうなので、引き続き、喜びが「かさなるところ」を考察して、仕事と家庭、両方の質を高めることを目指します!

2012-06-27 | Posted in ブログComments Closed 

関連記事